日記

身体が白いので露天風呂で焼いてきた

日焼け

夏が来たのに身体が白い。
脱毛をしているのであまり日焼けをしたくないのだけれど、白すぎるのもカッコ悪いなぁと思ってしまう次第です。
また、屋外レジャーの予定もいくつか控えているので今のうちに軽く日焼けをしておかねば・・・

という訳でやってきたのが真昼間の大衆浴場。
露天風呂で身体を焼こうという魂胆なのです。

まずはサウナに

大衆浴場に来たらまずはサウナ。
それは真夏であっても変わらない。
んだけど、なんで外がクソ暑いのに自分はサウナ入っているんだろう?
なんて自問自答してしまう。

なのにサウナ内にこの人の数・・・
自分も含め、みんな頭がおかしいんだよ。

サウナの入浴時間は毎回12分・・・の予定だけれど、10分で限界。
入浴前から身体が暖まっているからね。これ、12分は倒れてしまうかもしれん。

その後は水風呂、人の出入りが激しいからなのか普段よりも冷たくない。
いや、普段より身体が暖まっているから?
普段は1分で限界のところを2分近く入っていられたぜ。新記録!

そして外気浴へ

あ、暑い・・・
外気浴でクールダウンなんかできないなこれ。
ま、今回の目的は日焼けなのでピーカン照りの本日は日焼け日和と言えよう。

という訳で、人の居ない一角で仁王立ちし、身体を焼く。
表10分、裏10分。
その後は水風呂入って、サウナ二回戦。
と繰り返して、合計、40分くらい焼いたかな。

うっすら肌が赤くなってしまった。
痛みが出ない程度に焼いたけれど、翌朝はどうなることやら・・・

日焼けサロン

昔はよく日焼けサロンに行っていたけど、僕程度の目指す日焼けだったら軽い日光浴で問題ないことが判明。
冬場もジムに置いてある弱いタンニングマシンで十分な気がしてきた。
日焼けサロンのはオイル塗っていても日焼けが酷くて痛みが出てたからな。
自分で時間調整できる外気浴が僕には合っているのかもしれない。

みんなも、外で無いけど少し体を焼いておくと身体が健康に見えて見栄えがよくなると思うよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。