日記

コロナ重症化対策にビタミンDはいかが?効く?

ビタミン錠剤

新型コロナが重症化してしまう人に不足していたビタミンは、『ビタミンD』!

新型コロナウイルスが再び世界で拡大しつつある。医学博士の満尾正氏は「コロナ重症者は明らかに血中ビタミンD濃度が低いという研究結果が出てきた。感染症リスクを減らすビタミンDは、予防につながるかもしれない」と説く――。

PRESIDENT Onlineより

どんなメカニズム?

上気道炎(鼻やのどなど上気道に起こる炎症)予防の目的でビタミンDを投与することは有益とされており、
ビタミンDと季節性に変化する感染症とのあいだには、何らかの関係があると考えることが自然でしょう。
WHOも上気道炎予防にビタミンD摂取を推奨しています。

では、なぜビタミンDは感染症のリスクを減らすことができるのでしょうか。
これにはいくつかのメカニズムが考えられますが、世界のこれまでの研究では主に以下のような事実が確認されています。

・ウイルスの複製率を低下させる物質の誘導
・炎症性サイトカインの濃度の低下
・抗炎症性サイトカインの濃度の増加

 ビタミンDが持つ免疫調整作用により、体内で起こる炎症が抑制されるために、感染のリスクが低減すると考えられます。

サイトカインというのは、外から体内に侵入してきた異物を認識し、排除する生体防御システムのこと。
サイトカインが正常に作動していれば、侵入してきた異物(ウイルス)を撃退してくれる。
いわば体内の門番的役割。

門番を素通りして本丸に突入されてしまうと、ウイルスは自信の分身を作り出してやりたい放題・・・
やはりどんなことでも、初期に対策することが大切なんだな。

まとめ

ビタミンDが有効だという研究結果でした。
「よし、ビタミンDを摂取すればコロナなんか怖くない!」
なんていうのは大間違いで、

一番大事なのは生活習慣。
日々の適切な生活をこなして免疫力を上げた上での追い打ちのビタミンD。
これよこれ。

ぼくが個人的に生活習慣で気を付けていることは、

・良質なストレスを受ける
ストレス無さすぎる生活もストレスを感じてしまうと思う。
目的に向かって努力するストレスなんかは良質なストレス。
良質なストレスを得る生活をしよう!

・適度な運動
肥満は万病のもと!
筋肉があれば肩こりや腰痛とも無縁でいられる。
身体が頑丈であることは、健康への第一歩だ!

・健康な食事
基本、食べたいものが身体が欲しているものだと思ってる。
中毒ってパターンもあるから判断は難しいけど。

この三つ。
そこに+でビタミンDを摂取したらこれはもう、最強かもしれんね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。