日帰り

肉汁とよだれがしたたり落ちる屋外肉フェスの話

肉フェスに行ってきた!
肉中心の出店で16店舗!
ステーキに、串肉に、ソーセージに、もつ煮にケバブ!
お肉満喫!
そしてビールが美味い!

KOEDOビール

川越にあるクラフトビール屋。
名だたるビール品評会で賞も取ったことあるんだって!!

クラフトビールって?

地ビールのこと。
クラフト(craft)は英語で「技術」「職人」を意味する単語。
転じて、どを意味する言葉。クラフトビール(craft beer)は、小規模な醸造所がつくる職人ビール的な意味合いになる。

コエドビールは、現在6種類の銘柄がある。
今回会場にあったビールは二種類。

瑠璃

クリアな黄金色と白く柔らかな泡のコントラスト、さわやかな飲み口が特徴のプレミアムピルスナービール。
軽やかな口当たりながらも、深みある味わいとホップの香味苦味のバランスをとった上質の大人の楽しみ。

飲みやすい!
けど、漆黒より苦かったような気も・・・?

漆黒

艶やかな黒色と茶白色の細やかな泡立ちのコントラストが冴える長期熟成ビール。
アロマホップは心地よい香りをあたえ、2種類のブラックモルトの他、6種の麦芽の配合が、重たすぎないまろやかさと軽やかさのバランスを生み出しました。

黒ビール。
黒ビールは苦いイメージがあったけど、漆黒は非常に飲みやすい。

食べた肉は

ステーキ(1500円)

美味しいのだけれど、脂身が多かった。
脂っこいもの苦手なんだよね。
あと、肉が薄い。
ステーキは肉厚であってほしい!

ソーセージ(800円)

制限時間詰め放題!!
三種類の味が楽しめます。
酸っぱいマッシュポテト入り。口の中の脂が切れますぞ。

串肉(各600円)

肉厚牛タンと牛ハラミ。
特にハラミ串が美味しい。
絶妙な塩加減とかぶりつくぐらいの肉厚。
口の中でこれぞ肉!
という感じで噛み応えがあります!!

ケバブ(600円)

スーパー前の移動販売とほぼ同じ。
パンにはさんだ野菜が口の中をさっぱりさせてくれますぞ。

肉祭りに参加して

野菜欲しい。
むちゃくちゃ野菜が欲しい。
肉、確かに美味しいんだけれど、肉ばっかりだと食傷気味になる。
お口直しに炭水化物とか野菜が欲しいな。

野菜、漬物などの付け合せ用の店舗が1,2件あってもいいんじゃないか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。