日記

東京お台場大江戸温泉物語が閉店!?良いところだったのに・・・

大江戸温泉物語

東京お台場大江戸温泉物語が閉館!?
江戸の街並みを表現した演出が素敵だったなぁ

「東京お台場 大江戸温泉物語」 閉館のお知らせ
全国で39の温泉旅館・温浴施設を運営する当社は、2021年9月5日の営業をもちまして、「東京お台場 大江戸温泉物語」の営業を終了し閉館することといたしましたのでお知らせいたします。

「東京お台場 大江戸温泉物語」は、江戸情緒の中でゆったりと温泉を楽しんでいただけるテーマパークとして2003年3月に開業し、18年の間多くの国内外のお客様にご愛顧いただき、年間約100万人のお客様にご利用いただける国内でも有数の施設となりました。

このように多くの方に親しまれ、楽しんでいただきました「東京お台場 大江戸温泉物語」ですが、東京都との事業用定期借地権設定契約が2021年12月に期限を迎えるため、閉館することとなりました。
当社は、創業の地である「東京お台場 大江戸温泉物語」の営業を継続するための様々な方策を検討し、また模索してまいりました。しかしながら、契約締結当時の借地借家法では、契約の最長期間は20年で延長が認められておらず、誠に残念ながら再契約も叶わなかったため、建物を解体撤去し更地にしたうえで土地を返還する必要があることから、9月5日をもちまして、営業を終了させていただくこととなりました。

「東京お台場 大江戸温泉物語」は閉館いたしますが、弊社は今後も、全国で運営する38の温泉旅館・温浴施設を通じ、より多くのお客様へ心地よい温泉と美味しいバイキング料理、そしてかけがえのない思い出をお届けできますよう、日々努力して参ります。

公式サイトより

20年という期間が決まっているのに、採算が取れると踏んであのデカイ施設を作る。
決定権を持つ人の行動力、決断力は凄いなぁ

大江戸温泉物語の思い出

初めての大江戸温泉物語は東京お台場店でした。
ゆりかもめで最寄り駅まで行き、徒歩で大江戸温泉物語へ。
この時、ケータイ(この頃はガラケーだった)を忘れ、
さらに友人が遅刻するという事態になり、最寄り駅が立ち往生になったことを思い出します。

受付では、私服禁止で渡された浴衣をきることを厳命されました。
ドレスコード指定の温泉施設は前代未聞!
一番最初に通されるのが脱衣所なのも前代未聞!
だけど、施設内に足を踏み入れるとその理由が分かります。
そこに広がるのは江戸の街並みを表現した施設。
流石にお風呂は現代的でしたが、それ以外は浴衣の効果も相まって、タイムスリップしたかのよう。
とても印象的に記憶に残っています。

一日楽しんで帰宅はシャトルバスで行きとは別の駅に。
夜景を楽しみながらバスに揺られて帰路につくのでした。
この夜景がまた良いんですよね~

この体験により、他の大江戸温泉物語にも行ってみましたが、東京お台場店の体験を超えれるものには出会っておりません・・・

まとめ

気に入ったと言いつつ、一度しか行ったことの無い『東京お台場 大江戸温泉物語』。
それでも自分の中ではかなり気に入っている事実。
思い出をありがとう。
閉店前にもう一度くらいいってみようかしらん?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。