日記

【座らない】日常生活に取り込む筋トレ&ダイエット法。これだけで2kg痩せました。

立机

一日の仕事を終えて帰宅---。
夕食を食べた後、自宅のパソコンんでちょっと生産的なことをしようと思って椅子に座ると・・・zzz
疲れててなーんもできないんですよ。
椅子も高い椅子でリクライニング出来て、ウトウトしてるのがホント気持ちがいいんです。

寝ちゃうのが、根性が無いからだとか、本気で自分を変えたいと思ってないとか言われちゃうと、元々が根性無しなのでなにも言い返せません。
※毎日更新を掲げた本ブログも、本記事投稿時点で15日分くらい溜まってます。ヤバイよヤバイよ

とりあえず、毎日22:00までは起きて活動したい。
という目標のもと、じゃあどうすればいいのか?を考えたところ、
椅子が心地いいから寝てしまう
→だったら立ってればよくない?
という結論に至りました。

立机の作り方

普段使っている机が大きいのでその上に倉庫に眠っていたちゃぶ台をセット!
ちゃぶ台の上にノートパソコンを置いて完成!!

改造費用:0円。

お試しだからね。
ちゃんとしたの買って、やっぱやめようってなったらもったいないからね。

立机生活

最初は、ブログ一記事作る間は立っていよう。という試み。
30分程度で疲れちゃって、座って休んでまた立っての繰り返し。
こんなに体力無かったんだな・・・
けど、徐々に慣れてきて長時間立っていられるように。

なお、休む時は椅子に座らないで、床に座って休む。
椅子に座ったら最後、テーブルに足乗せてリラックスモードへ移行。
そして、( ˘ω˘)スヤァ…
布団で寝るより睡眠効率悪いし、起きた時のだるさがひどい。
けど気持ちいいんだ・・・一種のご褒美にしよう。

立机の効果

実は、立机生活を始めて一月程度経過しているのです。
体感できた内容を紹介します。

体力付きました

出先で立ちんぼしているときや、
電車で座れなくても長時間立っていられるように。
たったこれだけのことでも体力増えてるんだなぁ

背中が丸まらない

椅子に座るとどうしても丸めてしまう背中も、立っていると伸びたまんま。
逆に猫背にする方が辛いからね。
これは、良い姿勢ができているのでは?

2kg痩せました

食生活など何一つ変えていないのに痩せた・・・
本当は体重増やしてマッチョになりたいのに・・・

行動がスピーディーに

別室の物を取りに行ったりするときに、椅子の場合起き上がるというワンアクションが必要だったのに対し、立ちっぱなしだからスッと行動に移せる。
フットワークが軽くなったぜぃ!

空間の活用

椅子の上を荷物置きにしたり(空いていると座っちゃうんですよ)、
机とちゃぶ台の間にも小物を隠すように。

作業中に余計なものを目に入れない作りにしました。
そのおかげで集中力アップ!(してるかな?

睡眠の質向上

やっぱ体力使うんですかね。
最初の頃はほんとぐっすり眠ってました。
今も、座っていた頃よりは良い睡眠がとれているはず。

足回りが辛い

フローリングに素足だと無茶苦茶疲れます。
最初は体育館シューズはいてやってました。
今は足ふきマットを敷いて作業してます。
じゃないと、足の疲労がすぐ溜まってリタイアする羽目に。

まとめ

立机(スタンディングデスク)オススメ!
最初は辛いけど、徐々に慣らしていくと一週間程度で1~2時間は立っていられるようになります。
慣らし方は、『30分程度の作業を終わるまで座らないと目標にする』こと。
それを繰り返していくうちにあら不思議。立てるようになるんですね。

立机をオススメする人は、
・作業になかなか取り掛かれない人
”立っているの辛いからやることやっちゃおう”って行動できる

・帰宅後、椅子に座っても寝ちゃう人
立ってれば寝れないよ
※立ってても眠い人は睡眠不足です

日常生活に変化を求めている人、挑戦してみてはどうでしょうか?

座⇔立を調整できる机もありますよ。

created by Rinker
Bauhutte (バウヒュッテ)
¥21,794
(2020/11/24 02:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。