日記

お昼寝後にフルパワーで動くためには

昼寝

仕事がない日のライフスタイルがほぼ決まってまいりました。

朝五時に起きて、午前中はジム。
13:00までには昼食を食べ終わって、そこからお昼寝タイム。
20分ほど寝て、13:30あたりから午後の活動開始!
今日はなにしようっかな~
って思いながらバリバリ作業!

な~んて出来るのが僕の理想の生活。
実態は、昼寝から覚めてもダラダラしちゃう。
寝すぎは良くないらしいから、30分以内で昼寝をしているんだけど、
なかなか覚醒できなくてなぁ・・・

昼寝から覚醒するには

やっていること

コーヒーナップ

カフェインを摂取して昼寝することにより、
寝起きの覚醒効果を誘発。
飲んでいるのはコーヒーではなく、
『お~いお茶濃い味』をコップ一杯。
お茶にもカフェインが含まれているから大丈夫でしょ。
これで快適に起きれるはず・・・

30分未満で起きる

30分以上寝ると、脳が本格的な睡眠状態になってしまい、起きるのが非常に辛くなるとのこと。
起きた後も脳を覚醒させるのに時間がかかるらしいので30以上は寝ないようにしている。
最近は20分ほど寝ているので、入眠を考えて22分のタイマー設定にしている。

横にならない

快適な恰好で寝ると起きるときにそのまま寝入ってしまうので、
少し寝づらい恰好で昼寝をする。
僕の場合は、
-椅子に座って机に突っ伏して寝るパターンと、
-椅子の背もたれを限界まで後ろにして、足を机に乗せて寝るパターン。
のどちらか。
割と寝れます。

目覚ましは距離を置いて

椅子から立ち上がらないと止められない位置に目覚ましを設定。
立ちあがったならそのまま伸び~して、気持ちを切り替えて行動だ!

それでも寝起きはだらける

職場の昼休みの昼寝では、始業のチャイムで起きたら、
無理矢理にでも働かなくちゃいけないので動いていくうちに覚醒していきます。

でも、プライベートでは、別に動かなくても問題ない。
覚醒にとんでもなく意志の力が必要です。
意志薄弱な僕は、起きはするもののそのまま椅子にすわってダラダラ過ごしてしまう・・・・

ダラダラをなくしたい

この昼寝後のダラダラをなくすためにはどうすればいいのか?
これがここ最近の課題です。
一気に覚醒まで持って行ければ最高なんだけど、それができない。
ということで、前日より早く行動に持っていく。
というのを目標に毎日昼寝から覚めています。

最初は30分ほどウダウダしていたのが、
最近では15分程度まで短縮できました。

この調子で覚醒までの間隔を短くしていけば・・・
それとももっと激的に覚醒できる方法があるのかしらん?

お昼寝導入者たちはどういう覚醒方法をしているんだろう?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。