日記

体調不良になる理由は精神的な理由

風邪で寝ている

ううっ、仕事を休みはしなかったけど、二日間風邪を引いてしまった・・・

初日、朝から身体がだるいな~(まだ元気)
出社後、寒気がしてくる。
昼メシが進まない(この辺りで同僚に心配される)
定時上がりして、ひたすら寝る。

翌日、熱は無いけどまだまだ怠い
食事は摂れるものの、おかゆとかうどんなど軽いもの。
回復傾向なのは体感で分かるけど、まだまだ怠い。ここが正念場!
本日も定時上がりして、ひたすら寝る。

三日目、元気いっぱいだぜ!

あの怠さで仕事休まずに完治させた自分の身体を褒めたい!
悪化させずに三日で風邪を完治ってのは初めての経験だよ。

けど、調子が悪くなったらひたすら寝る。
ってのは普段からやっていることなので、この短時間快癒はなぜ起こったのか再現できないのが残念だ。
再現のためにまた風邪引くってのもなぁ・・・

それよりも、風邪の引き方に自分なりの再現を見つけたのでちょっと語らせてくれい。

精神状態から風邪を引く

僕は肉体の疲労度とか、環境で風邪を引くのではなく、当日の精神状態で風邪を引くような気がしています。
どんなに劣悪な環境だったとしても、楽しい気分でいたら僕は風邪を引かないと思うんだよね。
※そこまで劣悪な環境に居たことがないから言えることかもしれないけれど

今回風邪を引いた前日は、家に引きこもってひたすらグダグダしてた。
『やらなきゃならないこと』はなんとかこなしたけど、
『やりたいこと』は目を逸らして過ごしてた。

そうすると、常に『やりたいこと』が頭にチラついて、
そのたびにやらない自分に対してイライラとストレスが溜まってしまうのだ。
疲弊した精神は、ウイルスに対する抵抗力が弱まっていき・・・

結果、風邪を引いてしまうというメカニズム。
僕の場合はこれがほとんどな気がする。

日々に充実を!

暇な日も無理にでも予定を入れるべきなのかもしれない。
→けど外出するにはお金がかかる。
→お金がかかるからもっと収入を増やさねば!
→そうだ本業とは別に副業を始めよう!
→金を稼ぐまで勉強の毎日だ。これは遊べないぞ
→休日は引きこもることに

毎回このパターン。
引きこもり中にやることは勉強だ!
毎日の勉強プランを計画するんだけどね、それは『やりたいこと(やらなくてもいいこと)』なので・・・
結局、やったりやらなかったり。
やれた日の達成感は凄いけど、
やれなかった日のストレスも凄いんだ。
で、風邪を引いてしまうのでした。

あれ、なんか話がループしてね?
僕はいつ、ループから抜け出せるのだろう?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。