日記

現役空軍パイロットvsAI、戦闘機によるVRドッグファイトその結末は?

戦闘機

チェス
オセロ
囲碁
将棋

あらゆる分野でAIが台頭し、
その判断力に人類は敗北してしまいました。

そんな中、VRシミュレーターで戦闘機のドッグファイトを
人間 vs AIで5戦するという面白企画を発見しました。
※真面目な評価試験です

その結果はいかに?

戦闘ルール

・VRシミュレーターでの戦闘機同士の模擬戦
・重力など現実世界の物理法則の元に、バルカン砲(M61)のみを用いたドッグファイトを行う
 ※ミサイル系の兵装は不使用

・使用する戦闘機も全て同じ性能のF16(ファルコン)で統一

・人類側はVRを使用

結果、チャンピオンに輝いたのは、でした。

AIの王者

人類 vs AIをやるまえにAI同士で戦わせて
人間様に挑む前に二流のお前ら同士でやりやえや。ってこと。

並みいるAIたちの中から選ばれたのは、『ヘロン・システムズ』というAI。

最近のAI学習のトレンドは、ディープラーニング(深層強化学習)。
自分のコピーと戦わせて勝ったほうのコピーを複製して戦って・・・
を永遠と繰り返す手法。

ヘロンと他AIとの差は、事前学習をしなかったこと。
他のAIたちは最低限飛べるように事前学習を行っていたのに対して、
ヘロンは全てがまっさらな状態からのスタートで一位を手に入れる事に成功!

たしか、将棋AIも定石の入力をせずにまっさらな状態から学習していったほうが最終的な棋力が高かったというのを見たことがあるぞ・・・

人類代表

一方の人類代表は、2000時間以上の搭乗経験を持つ米空軍の精鋭パイロットが身元を隠して参戦!

戦闘結果

人類の・・・5戦0勝5敗。

一戦目:53秒
※一発も当てることができない

二戦目:59秒

三戦目:53秒
※低高度戦

四戦目:52秒
※AIが攻撃的になる

五戦目:165秒
※ひたすら逃げる

ほぼ1分以内に決着がついている・・・
最終戦こそ1分以上

なぜ人類は勝てない?

理由その1:安全策の放棄

人間は低高度になると墜落しないように高度を取ろうとする。
まだ安全な高度だったとしても、心理的に回避運動をしてしまうのに対して、
AIは復帰点ギリギリまで攻撃に使うことができる。

理由その2:身体的な制約の放棄

人間は高Gのかかる旋回や、高負荷な挙動を行うことができない。
一方、AIは身体?なにそれ?状態で人間に不可能な旋回角度で機体をぶん回すことが可能。

結論

今回はシミュレーターということで、実戦と違って、
・命の心配はない
・高Gなどの負荷がかからない
のにこの結果
既に、AIには勝てないことが証明されてしまった。

さらに、人間は育成が必要なのに対して、AIは撃墜されてもコピーを使って代用可能。
戦闘機さえあれば、すぐ次の戦闘に投入可能なので・・・
人間 vs AIは絶望的な結末しか見れないね・・・

今後の戦争は、AIにはAIをぶつけないと勝てない時代がもう来ている・・・!?

参考:ナゾロジーより

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。