自己啓発&ビジネス

【仕事も人生も娯楽でいい】より良い生き方を示してくれる言葉集【堀江貴文】

『仕事も人生も娯楽でいい』表紙

エッセイ【仕事も人生も娯楽でいい(堀江貴文』の感想レビュー。

本の紹介

あなたは仕事を、人生を楽しんでいるだろうか?
そんな問いかけに対し、誰しも一瞬は戸惑ってしまうだろう。
家族のため、お金のため、いろいろな「我慢」を積み重ねている人も多いだろう。

しかし「イエス」と即答する男がいる。

「楽しいことしかしない」
「嫌なことは我慢しない」
そう公言し、行動し続けている堀江貴文だ。
彼の人生は、毎日がワクワクする体験で満たされている。
まさにすべてが「娯楽」である。
変わろうという決意を持ち、行動すれば、人生は変えられる。

始めの一歩を踏み出そうとするすべての人に勇気と知恵を与えてくれる。
ホリエモン金言集の決定版!

感想

ホリエモンが過去発信してきた言葉たちをまとめたもの。
自分には結構刺さる言葉が多く、
サクッと読める割には、モチベーションがアップした。
一日くらい続いたかな。

ちょっとモチベーション足りないときに、
何項目か読んで、
「うぉーっ!やったるぜ!!」
ってなるための本。

作中の言葉

仕事は「食っていくため」にするものではない

最近は、ブロガーやyoutuber、インスタグラマーなど
「遊び」でお金を稼げる時代になってきている。
一つの事に「没頭」さえしていれば、お金は後からついてくるのだ。
「食っていけるかどうか」という基準で職業を考えるのではなく、
とにかく自分が没頭できることに全力で取り組もう。
そういう人が増えれば、もっと楽しく、ワクワクする世の中になると確信している。

少しずつでいいから、日常に楽しい事を増やしていこう・・・

過ぎ去ったものに価値はない

人はなくなったものばかり意識してしまいがちだ。
しかしなくなったものは、所詮は過去。
過ぎ去ったものに価値はないし、取り戻すこともできない。
時価換算上では価値ゼロだ。
今あるもの、使えるものが価値の全て。
失われた過去に、とらわれてはいけない。
ここにある、この瞬間だけが価値なのだ。

同時に、未来を考えて不安になるのも無駄だとバッサリ。
”いま”を一生懸命生きていれば充実した毎日を過ごせるのだろうか?

ていっても、過去の栄光に縋りつきたいときもあるんさ・・・

プライドから得られるものはほとんどない

「失敗してバカだと思われたらどうしよう」
「思ったことを口にして、相手から反撃されたらどうしよう」
そんなことばかり心配して、
「プライド」という名の壁を自分の周りに高く築き、
その中に引きこもることで、弱い自分を守ろうとする。
そうしていて得られるものはほとんどない。

周りの目を気にしすぎて行動しないほうが駄目だよなぁ
”周りはそれほどお前を見ていないよ”
だから気にせず行動しよう!

現状に対して愚痴をこぼすだけの人間は「オヤジ」

僕は、「満員電車がイヤだ」と言いながら、
毎朝満員電車に揺られて通勤している人が信じられない。
本当に満員電車がイヤなら、個人レベルでいくらでも改善する手段はある。
(中略)
満員電車に限らず、打てる手を探そうともせず、
ただ現状に対する愚痴をこぼすだけの人間を僕は「オヤジ」と呼んでいる。
中高年であってもオヤジでない人は居るし、
二十台で早くもオヤジになっている人も多い。

要るよね。愚痴だけ言っている人。
行動で改善して行ける人間になりたい。

上記の言葉たちが琴線に触れるようだったら読んでみることをオススメします。
カチンとくることがあるかもしれないけど、それは図星を突かれたからなのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。