日記

送迎車のドライバーを期間限定で始めました。朝早い!

車、自動運転

友人の職場の送迎ドライバーが急病とのことで、急遽送迎の仕事をやることになりました。
送迎といっても、送迎バスのようなものではなく、普通免許の範囲で乗れる車(日産のキャラバン)を使用します。

工場の仕事をしている頃はトラックも運転していたのでキャラバン程度の大きさなら大丈夫。
さらに、送迎車の駐車場が職場からそんなに遠くない位置にあるのも決めてとなり、仕事を受けました。

生まれて初めて、副業というものを経験します。
と言っても、一日1時間半、週二回程度のことなのですが。
病人が復帰するまでの約二か月、無事に業務をこなすことができるのだろうか?

送迎の業務

朝早い!

送迎の日は6:20分に家を出る。
普段の仕事が9:00に家を出ることを考えると無茶苦茶早い。
といっても毎日、5:00頃には起きるようにしているので起きる時間が変わらないのはありがたい。

朝の動きが非常に素早くなりました。

送迎車に乗る

軽い点検をして送迎車に乗り込む。
スペアキーを借りているので車を乗り換えるだけで良いので楽ちん。

カーナビが搭載されていないのでしばらくはスマホのナビで道を覚える生活が続きそうだ。

久しぶりに大きい車の運転。
最初一回だけは助手席に人を乗せて運行。
ナビとは違う、大きい車でも走りやすい道を教えて貰う。
これは助かる。

送迎中

駅から降りてくる人を乗せて出発!
乗る人数はその日によって微妙に変わるのでちゃんと規定数乗ったかチェックするのは忘れずに。
知らない人を乗せるのって緊張するな~
これもいずれ慣れていくのだろうか?

送迎後

自分の職場へ。
1時間ほど早い出社になってしまうが、その分仕事がはかどる。
毎日だとしんどいけれど、週1,2回だとアリかもしれないな。

それにしても、残業代は出るけど、早朝出勤はお金出ないんだよねぇ・・・
その点だけが残念だ。

まとめ

自分って、朝、あんなに早く活動出来たんだ・・・
無駄がなく、テキパキと行動して家を出る。
同じ時間に起きているのに全ての朝作業が終わるのに1時間ほど差が出る。

その事実を知った時、すっごいへこんでしまった。
素早く行動しているつもりだったのに、まだまだ短縮できたんだって・・・

素早くとかいいつつ、1時間差だからね。
人間、ある程度時間に追われないと時間を無駄にしてしまうんだなぁ
と、改めて再認識することができた。

送迎の仕事は、今は程よい緊張を保っているけど、すぐ飽きてしまう内容。
でも、新しいことを始めた自分をほめてあげたい。
そして、人生には短期的な納期を複数設定することの重要さも知ることができたのであった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。