日記

トイレでも起こるヒートショック。風呂場よりも情けない結果になりかねない

トイレ

寒い時期になると風呂場での事故が多くなるそうです。
いわゆるヒートショックも原因の一つ。

ヒートショックとは?

温かい居間から冷たい風呂場に移動すると、急激な温度差で血圧が大きく変動。
血流量に異常を来して心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうこと。

そんな風呂場の事故にフォーカスが生きがちですが、トイレでも似たような事故が起こりがちなのだそうです。
風呂場では「大変だったね・・・」で済む事故も
「たいへんだったねwww」になりかねないトイレ事故。ちょっと紹介したいと思います。

ヒートショック

トイレも風呂場と同じで家の北側に建設されていることが多く、ヒートショックが起こりやすい現場なのだそうです。
風呂場は、温かい湯の張った浴槽に入った瞬間に血圧が急上昇し、ヒートショックを起こすのに対して、
トイレの場合は、いきんだ瞬間血圧が急上昇、ヒートショックを起こして脳の血管がプッツンしてしまうのだそうです。

風呂場では、そのまま溺れてしまう可能性があって大変危険だけど、
トイレも、糞尿まき散らした現場でお陀仏ってのも情けない話なんだよなぁ・・・

更に、洋式よりも和式トイレの方が危険で、しゃがむ動作中に血圧が上がって血管がプッツン。
足の踏ん張りが効かなくなってトイレへ尻もち。
恐ろしいですよこいつは・・・

助かるまでは情けないけど、助かれば老後の持ちネタとして鉄板になりそうだけれどw

転倒

風呂場は、床が濡れていて転倒の可能性が高いのはよーく分かる。
けど、トイレで転ぶってのはどういうこっちゃ?

トイレ内の足ふきマット?が滑って転倒?
便器に座ろうとしたら便座が上がていて転倒?

理由はよくわからないけれど、トイレで転倒する事故、多いみたいです。
案外、尿意(便意)が限界で急いでトイレに飛び込んでそのまますってんころりんが多そうですよね。
その場合、転倒して動けなくなる可能性もある。
助けを呼んでも誰も来ない。けど、尿意(便意)は限界。

助けが到着したときに、糞尿にまみれた姿で発見されるか否か・・・
人間の尊厳とプライドを賭けた戦いが始まることになるw

アキレス腱断裂

風呂場ではあまり聞かないトイレオンリーに近い事故。

洋式トイレで用を足すときって少し前かがみになりません?
その状態で、フンッ!っていきんだ瞬間、便と一緒にブチンッ!ってアキレス健も切れる。

静かなトイレ内でいきなりブチンッ!って音が聞こえたら何事かと思いますよね。
そして、その後に襲ってくる激痛。自分はただトイレに来ただけなのに・・・

結構大きな音してます。

まとめ

冬場は、風呂場の事故だけでなく、トイレの事故にも注意!
状況によっては、風呂場より情けない結果になりかねないぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。