日記

寝起きは怠いけれど散歩に行くと疲労が抜けていく

犬の散歩

ここ最近、寝起きが怠いこと怠いこと・・・
全身の怠さは季節の変わり目だから?
寒いから布団から出たくないのかな?
特に、下半身、特に太ももやふくらはぎの怠さはホント辛い・・・
これだけは季節以外の何かが影響しているような気がする。

朝のルーティーン

のそのそと布団から這い出てくる。
半そで短パンで寝ているので、モコモコに着こんでキッチンへ。

白湯を飲むためにお湯を沸かす。
その最中に歯を磨きながらトイレへ。
朝イチの尿の色を確認する。

沸騰させずにガブガブ飲める温度での白湯をグイッと飲み干したら犬の散歩。

犬の散歩へ

僕の犬の散歩時間は季節によって変わることがない。
夏の間は他の犬も散歩していることが多かったけれど、最近はめっきり散歩する人と出会うことが無くなった。
非常に散歩がしやすい季節がやってきたな~って感じ。
その分寒いから、家を出るまでが辛いけれど。

さて、そんな散歩なんだけれど、しばらく歩いていると全身の怠さが取れてきて身体が楽になってくるのであった。

怠さの正体は?

最初の頃は、疲れが抜け切れてないと思っていたんだけど、それも連日続くと他に原因があるんじゃないかと思えてくる。
雑談の流れでドクターストレッチの人に聞いてみると・・・

「寒さで筋肉が固くなって怠さを感じるのかもしれませんね。
散歩することで身体が暖まり、筋肉の緊張がほぐれてきたんだと思いますよ」

なるほどね~
更に加えて、「レンゾーさんは筋肉量多いですからね。影響も大きいんでしょうね」
くぅ~セールストークが上手いこと上手いこと。

「季節の変わり目はなりやすいんですよね。寒さに体が慣れれば緩和してきますよ」
時間が解決するのをまつしかなさそうだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。