旅行

【秋田、青森、東北旅行】恐山、大間のまぐろ、関乃井酒造【3日目】

GW東北旅行3日目

ゴールデンウイーク東北旅行!
何が起こるか分からない、ノープランな三日目開始!

早朝(04:30)

奥浜内民宿の本業はホタテ漁。
副業として沖釣り船の営業もしている。
僕らが止まったのは沖釣りに行く人が前日泊する施設だったのだ。

昨日、オヤジサンと話をした感じだと翌日(今日)の早朝にホタテ漁に出航するとのこと。
(ホタテ漁、体験できないかな~)
なんて、下心もあり、出航時間に合うように起きてみたのだ。

案の定、出航に向かって準備をしている従業員たち。
忙しい中、話しかけて、従業員用トラックに乗せてもらえることに。

そのまま車で漁船へ。ウォォーッ!!出航だ!!
レンゾー「いってらっしゃいませーッ!!」
乗せてはもらえなかった(;ω;)

朝焼けが綺麗だ・・・

早起きしたので、庭でガスを使い湯を沸かし、ラーメンを食べる。

出発の時に一泊のお礼を言いに行くと、おばあちゃんが冷凍ベビーホタテをくれた。ウマウマ

良い宿でした。

恐山

場所

青森県むつ市田名部宇曽利山3−2

感想

雰囲気が寒々しい。
これは、霊的な何かがいますぜ・・・?

あと硫黄のニオイが強い。

岩場が地獄で、湖が天国に見立ててあるらしい。

岩場は活火山の影響なのか、ところどころで硫黄が噴出している。
湖は、生命の気配を一切感じない。
晴天で生き物が活発になる時間帯なのに凄い静か。

観光客も少ない影響もあって、なんか怖いよ。
山の上なのに暑かった。

大間のまぐろ

場所

青森県下北郡大間町大間大間平17−1

感想

本土最北端。
平地なのに寒いじゃねーか!!
風が非常に強い。

標高の高い恐山より寒いとか、本土最北端恐るべし・・・

晴れていると、函館が見えるらしい・・・
マグロは旬ではなく、去年のを解凍したもの?
観光客相手ならこのくらいか。
昨日の天一のがうま・・・ゲフンゲフン!!

海鮮丼は普通だったけど、出店の焼カマは絶品だった。

関乃井酒造

場所

青森県むつ市柳町1丁目5−15

感想

昨日の夕食、漁師のオヤジサンに教えてもらった居酒屋『天一』に置いてあった日本酒、関乃井。
美味しかったので、銘柄を聞いて本日の観光リストに加えていたのだ。

関乃井を作っているのはその名の通り、『関乃井酒造』。
長年続いているであろう古和風作りの本土最北酒造のお店に訪問した。

「先日、とある居酒屋で飲んだのが美味しくて、訪問しちゃいました♪」
なんて話をしながらお酒の説明をしてもらった。

関乃井酒造は、地産地消をポリシーとし、
下北半島以外にはほとんど出荷していない酒蔵なのだ。

購入したお酒は、
天一でも飲んだ『普通酒 関乃井 1.8ℓ』。
あとは『純米吟醸酒 寒立馬 1.8ℓ』を一本。

う~ん、普通酒のクオリティ高いわ!美味しい!!

ばあちゃんち

経路上にあったので寄り道。

帰宅

一泊する予定だったけど、
翌日の渋滞を恐れて急遽、帰宅を決定。
自由度の高い旅行は、応用が利くからいい。

お陰で高速道路の渋滞は無く、ストレスレスで帰れた。

マック

地元到着時刻、24:30。
一番最初に入った店がマック。
魚、魚、魚、三昧だった後半。
ジャンクフードが食いたくなるのだ。

帰宅後、荷物を片付ける。
布団に潜り込んで( ˘ω˘ )スヤァ…

こうして、旅行は終了したのであった・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。