日記

顔にシミが出来てきた30代前半男の悩みと治療に挑戦

最近、というか結構前から右目の泣き黒子的な位置にシミが出来てきて悩んでいます。
年々、色が濃く、自己主張が強くなってきているような気が・・・

シミとかやシワって、顔に増えるだけで一気に顔面老人度が増える気がします。
まぁ、シワは良いシワ悪いシワがあるとは思いますが・・・
俗にいう、笑いシワ、怒りシワみたいな?

けど、シミ、テメーは駄目だ!
一気に老け顔になるし、不潔感も出てくる。
挙句、悪化すると皮膚がんにもなりそうじゃない?

という訳でそろそろ日焼けでもごまかせなくなってきた顔のシミ、
※それが原因なのでは・・・?
発生のメカニズムから消し方まで挑戦です!

シミが出来るわけ

シミはメラニンが必要以上に多く生成されることでできます。紫外線やストレス、炎症などの刺激が原因で黒色メラニンが生成され、皮膚の表面に押し出されて、沈着してしまうとシミになってしまいます。

頬は女性よりも乾燥しがち。バリア機能も低いんです。
一般的に『肌は乾燥してバリア機能が低下すると、炎症が起こりやすく、その結果シミもできやすい。』という報告があります。
特に、毎日ヒゲ剃りの刺激にさらされ、かつ保湿などのスキンケアをしていない男性は、女性よりも肌が乾燥しており、バリア機能が低下した状態だと考えられます。そのため、男性の肌は女性より炎症が起きやすく、シミになりやすくなります。

小林製薬より

しかも、男性は女性より紫外線の意識が低く、日焼け止めも使わず紫外線にさらされていればなおさら。

ドキッ・・・

シミが出来やすいかセルフチェック

該当が多いほどシミが出来やすいよ!

・洗顔後にスキンケア商品をつかっていない
NO

・日焼け止めは使わない
YES

・洗顔をするときごしごし洗っている
NO

・髭剃りをする
YES

・乾燥肌である
うーん、NO!

・肌が敏感な方だ
YES
※乙女肌なのです

半分が該当。

加齢によりシミは出やすくなる

これはまぁ、経験則で分かるよね。
ただし、劇的にシミが増える、シミのターニングポイントがあるみたい。
それが、40台突入時。

男性のシミの出現率が、
30台だと10%以下だったのが、
40台になると50%手前まで急上昇!

ほぼ半分の男性がシミがあると自覚するようになるのです。

※ちなみに20台は0%の模様。
ほんとかなぁ?

更に、男性のシミは女性のシミより濃い傾向になるとのこと・・・

治療に挑戦

40台でさらに増えてくるなら30台のシミは30台のうちに消さなきゃだよなぁ!
という訳で、シミ消しクリームを買いました。

他にも同シリーズで
化粧水

乳液

女性用のケシミンには、飲み薬も。

もありました。
化粧水は既に使っているのがあるし、
乳液はとりあえずは使わない。
飲み薬は最終手段にしたいので保留。

という訳で、シミ消しクリームだけの運用で、どこまでシミが消せるのか挑戦なのだ!

メインの成分は、
・トラネキサム酸
・グリチルレチン酸ステアリル

・・・ふむふむ。わからん。

効能は、
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

さらに、
・肌あれ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。

さらにさらに、
・油性肌。かみそりまけを防ぐ。
・日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。
・肌をひきしめる。
・肌を清浄にする。
・肌を整える。
・皮ふをすこやかに保つ。
・皮ふにうるおいを与える。
・皮ふを保護する。
・皮ふの乾燥を防ぐ。

万能クリームじゃないか・・・
顔全体に塗りたくっても良さそうだけど、容量が20g程度と少量なので、患部のみの塗布に控えておくことに。

朝晩の洗顔時にクリームを患部にヌリヌリ・・・
効果が出るといいなぁ。
シミが緩和してきたら続報だします。

続報で無かったら・・・察してください(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。