日記

調理が凄い楽!味の素の冷凍ギョーザを食べてみた!

味の素ギョーザパッケージ

どうも、餃子好きのレンゾーです。
いつもはスーパーの見切り品をいくつか見繕って夕食にしているのですが、僕は今、冷凍食品のコーナーに立っています。
今日の狙いは
この前、テレビで冷凍食品ランキングなるものを見て冷凍餃子に凄く興味が出てきているんですよね~

ちなみに、
餃子ではなく、ギョーザ。
味の素ではなく、AJINOMOTO。
間違えるんじゃねーぞ・・・

味の素のギョーザ

油・水なしで誰が調理しても食欲そそるパリッパリの羽根ができる、うす皮パリッと、ジューシーで具がギュッと詰まった、売上日本一の焼き餃子です。
誰もが好きな、間違いない安定感のある王道のおいしさです。
国産のお肉と野菜を使用しています。
12個入り(276g)

公式サイトより

水なし、油なしで調理できるって楽でいいよな~

焼いてみた

味の素のギョーザ焼いたやつ

フライパンに並べて蓋をする。
本当に水を入れなくていいのか不安だったけど、ここはパッケージを信じて・・・

強火で焼くと焦がしそうだったので中火~弱火で調理。
普段の餃子は焼けるまで別のことをしちゃうんだけど、今回はずーっとフライパンの前に居ました。
ホントは駄目なんだけど、ちょいちょい蓋を開けて中を確認してみたりして。

それでも約五分でパリッパリの餃子が出来ました。
おぉぅ・・・これは凄い。
香りも凄く良い。美味しそうだぁ~♪

実食

最初は何もつけずに素材の味で食べてみる。パクッハフハフ…
う~ん美味しいッ!

お次は、酢醤油ラー油。
餃子の調味料はコレですよ。
オリジナルの配合率(適当)で調合した調味液に餃子を浸して、パクッハフハフ…
ん・・・?
山椒みたいな妙な刺激がある。

もう一度、素で一つ。モグモグ…
やっぱ山椒の味がする・・・?

原因

四川風ラー油

犯人はお前かぁ~ッ!!
※素で食べても口に残った山椒が悪さをする始末

花椒の香りとピリっとした辛味。麻婆料理等に。

花椒の香りとピリっとした辛味を楽しめます。花椒の入った四川風ラー油。各種麻婆料理などに。
柔らかく押しやすくなった新開発“ラク押しボタン”採用。キャップは油でよごれにくくなりました。

S&B公式サイトより

山椒が、山椒のピリリとした刺激が餃子の味を分かりづらくしている・・・
この味が好きで使うのはアリだけど、
初めて食べる料理に使うべき調味料じゃないね。

普通のラー油は家にないし、S&Bも山椒入りラー油とか、紛らわしい商品を出してくれたものだぜ。
え?花椒?山椒と何が違うの?

花椒・・・中華料理(麻婆豆腐の味付け、唐揚げに添える花椒塩など)
山椒・・・日本料理(うなぎの蒲焼にかける粉山椒、ちりめん山椒に入れる実山椒など)
花椒は果皮を乾燥させた香辛料として中華料理に、山椒は葉や実や果皮など様々な部位が薬味や飾りつけとして日本料理に利用されます。

たべるごより

そ、そんな細けぇことはいいんだよ!

完食

結局、酢醤油で食べました。
ふぅ~、ご飯のおかずにして食べたけど、一袋で満腹だ。
ごはん要らなかったなこれは。

後半は四川風のラー油も使ってみましたが、餃子に関しては山椒系は無い方が美味しいね。

冷凍餃子、ここまで進化していたとは・・・
機会があったら他のメーカーのも試してみよう。

満腹、満足です♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。