小説

【白銀の墟玄の月1(十二国記)】6年ぶりのシリーズ新作!今回は戴国、泰麒の物語【小野不由美】

小説『白銀の墟玄の月』1巻表紙

小説『白銀の墟玄の月1(十二国記)(小野不由美 著)』の感想レビュー。

十二国記シリーズ6年ぶりの新作!ヒュ~ッ!
自分時間でも数年ぶりの十二国記です。

これでも、十二国記シリーズは全て読んでいる(はず)ので何年ぶりになろうとも当時の記憶が・・・
・・・出てこねぇ。
今までどんな話だったのか出てこねぇ。
ま、読み進めていくうちに思い出すでしょ!
なお、泰麒の物語のしては18年ぶりだった模様

登場人物、載国内の地図などの資料

Necocco様のサイト

とってもわかりやすい!
※ネタバレ注意!!

感想リンク

【白銀の墟玄の月1(十二国記)】6年ぶりのシリーズ新作!今回は戴国、泰麒の物語【小野不由美】←イマココ
【白銀の墟玄の月2(十二国記)】王の行方を追う一行と、宮廷の権謀術数に挑む泰麒【小野不由美】
【白銀の墟玄の月3(十二国記)】驍宗がどこ探してもいない・・・もしかして動いてないんじゃ?【小野不由美】
【白銀の墟玄の月4(十二国記)】驍宗見つける!けどまた捕まる。そして公開処刑へ・・・【小野不由美】

あらすじ

戴国に麒麟が還る。王は何処へ---
乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。
王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。
案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。
今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。
---白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

前提知識

戴の物語で、阿選の起こした謀反により、戴王驍宗と泰麒は行方不明に。
→【黄昏の岸 暁の天

泰麒は阿選に角を折られ蓬莱(日本)へ逃亡。
角を折られた影響で記憶喪失に。
その後は日本で暮らすも気味悪がられる毎日。
なんやかんやあって戻っていくのであった・・・
→【魔性の子

蓬莱から戻ってきた泰麒は酷く衰弱していた。
慶国に身をよせ療養し、女神・西王母に「穢れ」の病を祓ってもらった。
泰麒は、李斎とともに戴国へ帰還するのであった・・・
黄昏の岸 暁の天

感想

読み進めるうちに記憶が断片的によみがえってきた。

1巻では、驍宗に使えていた部下項梁が泰麒と驍宗を探して戴国中を探し回っている最中、
戴国に帰還した泰麒と李斎とが出会うちょっと前から始まる。

戴国は、十二国の中で最も東北の位置にあり、生きていくだけでも一苦労で行政の助けが必要な場所。
しかし、謀反により、仮王になった阿選は何の政策もとらなかった。
そのため、人民はますます疲弊していき、生きるために匪賊に身を落とす者も続出し、
さらには、土地が荒れると現れる妖魔たちの出現数が増えたことにより戴国はより荒廃していく真っただ中。

少しでも謀反の動きを見せると、阿選軍により村ごと粛清がされてしまう今日でも、驍宗と泰麒が生きていると信じて行動している人々が互いに集結していき、行動を起こすのが1巻。
まさにプロローグ。

泰麒は、李斎を連れて阿選が居る王宮へ裸一貫で乗り込む。
他の面々は、驍宗が失踪した現場、『函養山』へ向かっていく。

うーんこれからどうなっていくんだろう?
全部で四巻まであるから展開がひどくゆっくり。
その分、背景の説明をしっかりしている感じ。

けど、名前が覚えらんねぇよぉ~

2巻の感想へ続く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。