日記

肌のふれあいでストレス低下。好感度が低い時はハグよりセルフタッチ

ハグ

好きな人とのハグがストレスを低下させることをしっていますか?
僕は世の中のかわいこちゃんのことをみんな愛しているので簡単にストレスを低下させられる訳ですね。
問題は、かわいこちゃんたちは僕にハグをしてないってことかな。

ところがですよ、ハグじゃなくてボディータッチでもストレスが軽減するらしいですよ

参考:ナゾロジーより

心理学研究所に所属するアルジョシャ・ドライソーナー氏ら研究チームは、愛する人がいなくても、ボディタッチによってストレスを低下させられると発表しました。
「見知らぬ人との抱擁」や、自分で体を触って慰める「セルフタッチ」がストレスホルモン「コルチゾール」のレベルを低下させたのです。

うぉぉぉッ!ボディタッチならハグより難易度が下がるぞ!
しかも『自分で体を触って慰める』セルフタッチでもOKだって。
・・・それは寂しすぎるよ。
てか、『自分で身体を触って慰める』って別の意味を想像しちゃうね。

ボディタッチはストレス軽減する

愛する人とのボディタッチにはざまざまなメリットがあると報告されています。
例えば、抱きしめられたり手を握られたりすると、血圧が下がったり安心感が得られたりするのです。
パートナーにマッサージされた女性は、ストレスを感じやすい状況でもコルチゾールのレベルが低いと報告されています。
コルチゾールとは、人がストレスを受けたときに脳から多く分泌されるホルモンです。
コルチゾールの分泌が慢性的に多くなると、うつ病や不眠症、精神疾患につながるとさえ言われています。
つまり愛する人のボディタッチには、ストレスを低下させる確かな効果があるのです。

パートナーが居ない僕のような独り者はどうすればいいのよ!?

自分で自分を抱きしめよう!

「まず、人を抱きしめたり触ったりすることは、ストレスに対処するのに役立つと言えます。
例えば、試験や面接、病院での診察の際に、ハグしたりタッチしたりするのは効果的です。
またセルフタッチでも同様の効果が得られます。
例えば、右手を心臓に、左手をお腹の上に置いて、その温かさや圧迫感に意識を集中させるなら、ストレスに対処できるでしょう」

ううっ・・・ストレスは緩和するかもしれないけど、寂しさが増えるよ・・・

まとめ:人は群れる動物

独り耐性が強い僕でも、人と触れ合いたくなる時がある。
やっぱり人間は群れるようにできているんだ。

そういう認識ができてから積極的に人と会話するようになったけど、未だに彼女ができねぇんだよなぁ
どうなってんだよ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。