日記

無人島でリアルバトルロワイヤル!?金持ちの道楽

無人島

海外の大富豪が現実世界でバトルロワイヤルのようなゲームの開催を企画しているらしい。

内容は、無人島内で三日間かけてエアガンで打ち合い、優勝賞金は1400万円。
うわ~夢があるなぁ!

大まかなルールは、最近のゲームを参考していて、
・100人対戦
・一日の12時間は戦闘、12時間は休戦(キャンプタイム)
・当たり判定が出るベストを装備させられる

などなど
細かいルールはこれから。
休戦時間いらなくね?
あと、撮影はどうするんだろう?
個々人の頭に一個と、無人島内にカメラを仕掛まくるのかね?

ゲームのデザイン

そんな金持ちの道楽、無人島サバゲーのゲームデザイナーを募集中らしい。
給料は、日給20万円、合計650万円での募集。
みんなだったらどんなゲームデザインをしますか?

僕だったら・・・

ポイント支給制度

最初、全員に10000ポイント支給。
→そのポイントをやり繰りして装備を買う。
同じ装備で同じ戦略になるのを緩和する狙い。

戦闘地域縮小化

無人島の規模にもよるけど、一定時間(もしくは人が減ったら)経過したら禁止地域を設定していく。
→籠りプレイの緩和と戦闘の激化を目的に

賞金ボーナス

特定の場所を訪れるとボーナスゲット。
→皆が目指すから敵との遭遇率UP。

被弾したら電流

人道的な部分もあるけど、被弾したら報告が上がるだけでなく、電流流れたら面白そう。

賭けの対象

盛り上げるためにはこういうのがなくちゃ。
初っ端から賭けるのもアリだし、
100人だと多いから20人くらいまで減ったら1時間の休戦、
その間に戦績とか行動を見比べてオーディエンスが賭ける時間を作るとかね。

うーん、考えれば考えるほど面白そうなアイディアが出てくる。
海外の金持ちは金も行動力も桁違いで面白そうだ!

日本の無人島

日本で同じようなイベントを開催するには、
無人島を所有するにはいくらぐらいかかるんだろう?

というわけで調べてみた。
参考サイト:アクアスタイルズ(https://www.aqua-styles.com/islandjapan-1)

参考値
東京ドーム 46,755㎡
テニスコート  260㎡

瀬戸内海に比較的大きな島があるなぁ

来島(100,834㎡)
※東京ドーム約2.1個分

藍島(79,149㎡)
※東京ドーム約1.7個分

お値段はそれぞれ、
来島 350,000,000円 三億五千万
藍島 220,000,000円 二億二千万

お前ら、お買い得だぞ!
買って、サバゲー大会開いてくれ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。