登山&歩行

【袈裟丸滝】【溶岩滝】目的を失った僕は川を遡上し始めたのだ

袈裟丸滝?溶岩滝?

本日の軽登山は、群馬県の高倉山(1,319m)!
わらび平森林公園キャンプ場(約1,100m)に車を停めてスタートだ。

http://warabidaira.com/hiking/

一時間程度で一回りできるみたいなので、調子が良ければ浅間隠山まで足を伸ばしてみよう。
そんな事を考えながら現地入りすると、なんと、キャンプ場へ続く道が封鎖されているではないか!!

空き地に車を停めて徒歩では通行できそうだけれど・・・キャンプ場まで舗装路を約3.4kmほど登っていかなければならない。
これは面白くない・・・

ということで、別の場所をチョイス。
近くにある『烏川渓谷公園』を散策することにしたのだ。

5分散策公園
https://goo.gl/maps/nZuefx6HtN9dJL7CA

この公園、5分もかからずに散策が終了。
\(^o^)/オワタ
吊り橋を見つけた時はテンション上がったのに・・・
吊り橋

再度予定を変更して、公園駐車場から烏川沿いに舗装路をぐるっと回ることにした。
歩き出してみると、流れの強い川で、ゴウゴウと渓流の水音が耳に気持ちいい。

川に降りられる道無いかな~なんてキョロキョロしながら舗装路を歩いていると、不自然にガードレールが無い空間を発見。
不自然なスキマ

下に降りれる作りになっており、降りた先は小さな川がチョロチョロと流れていた。
奥へ散策

(まだまだ奥に進めそうな雰囲気・・・)ゴクリ
水辺沿いを登って行けば道に迷うこともないだろう。
(よし、行ってみるか・・・!)

そうして、烏川に注ぎ込む支流を遡上する冒険が始まったのであった!

登山

1時間をリミットに行けるところまで登ってみる計画スタート。

場所

改めて登山口の紹介。
烏川渓谷公園駐車場から700m下流にガードレールが途切れた場所があるぞ

https://goo.gl/maps/P9tiRJiVAxbVLh4C7

登山データ

・タイム
2:01

・距離
2.8km

・上り
155m

・下り
1571m

・消費カロリー
584kcal

経路

登山口→防砂ダム
防砂ダム→溶岩滝

感想

・登山口→防砂ダム
ガードレール降りてすぐに防砂ダムがある。
防砂ダム発見
右手から防砂ダムの上まで登れる。
そこから先にもまだまだ道は続いている。
防砂ダムの上から

・防砂ダム→溶岩滝(袈裟丸滝)
川を飛び石で渡ったり、山側に膨らんで迂回してみたり。
なんだかんだで奥に奥にいける。
日が差してきた

30分ほど歩くと、滝にぶち当たった。
後々に調べてみると、溶岩滝(もしくは袈裟丸滝)という名前。

重力に任せて流れ落ちる滝というよりは、壁沿いを伝って流れ落ちてくる滝。
マイナスイオンという名の細かい水しぶきを浴びて小休止。
袈裟丸滝?溶岩滝?

よし、良いものがみれた。
ここらで引き返そう!

・登山口→駐車場
濡れない沢登りで満足したので舗装路ぐるっと一回りは止めて、来た道を戻る。

昼飯

高崎はパスタの街。
市内に戻ってパスタを堪能だ!

ボンジョルノ
ボンジョルノ
https://goo.gl/maps/4dVLtNJqatfpgA1C7

食べたのは、ランチセットで魚介のトマトクリームパスタ。
麺のコシがたまらん!これがアルデンテってやつですかぁ!?

ランチセットの前菜、サラダ、デザートと写真を撮ったのに、パスタの写真だけ撮ってなかった。
どれだけがっついてるんだよ💦
サラダ

前菜 デザート

お風呂

ボンジョルノ本店から6.5km。
『京ヶ島天然温泉 湯都里』
https://goo.gl/maps/8Enxiv43tg9fWgmU9

帰りのお風呂
規模の割に値段が安い!
平日大人三時間プラン、約700円。

三つのサウナ(ドライ、スチーム、塩)で登山の疲れを癒す。
サウナが三つなのに水風呂が一つ、四人程度しか入れないので常に満員なのが残念。

寝湯も充実(三か所もある)!昼寝して元気満タン!

感想の感想

登山熱再燃!!ってところで肩透かしを食らってしまったけど、リカバリーできてよかった。
川渡るのがドキドキだったけど、上手に飛び石伝って濡れない沢登り。

yamapにも載っていない場所だけど、面白かったよ!
中には、あの滝を登る猛者もいるようだ・・・すげぇ

https://yamap.com/activities/12748741

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。