日記

正常と障害の境目、7人に1人が該当者。境界性知能とは?

仮面ピエロ愚者

IQが70~84の範囲の人を「境界性知能」というらしい。
健常者(IQ85~)と知的障害者(IQ69以下)の境目にいる人たちで約7人に1人が該当しているそうなのだ。

参考:NHKより

僕が小学生の頃、クラスには特別学級の子が一人居て、
子どもながらになんかすっとろいなーと思っていたことを思い出しました。

けれど今思うと、特別学級に通って少人数で勉強できるのってありがたいことだったんじゃ・・・
と感じてしまいます。

だって、境界性知能は普通の人として扱われて、ついていけないのに通常学級に編入されて生活するだなんて・・・
大変だよ。

そんな境界性知能、なんと7人に1人が該当するというのだ。
僕が小学校の頃は、40人クラスだったから、クラスに5~6人は居たという単純計算になる。
今思うと、確かにすっとろいヤツは居たけれども・・・うぅむ・・・

見た目にも違和感がなくて、時間をかければ普通の人の様に振る舞うことができちゃうから特別なケアをされずに社会に出て行く・・・
そうなると、社会生活は大変だよなぁ
要領が悪い同僚なんていじめられたり、クビにされたり・・・

そういう人が上手に生きれる世の中になればいいよね。

まとめ

僕は常々、知的障害者よりもギリギリ健常者の方が生きづらいんじゃないかなぁ、と思っていた。
知的障害者の認定を受ければ、障害者枠で自治体から補助を受けたり、就職の枠もあったりする。

今回、『境界性知能』という言葉を知り、7人に1人も居ることを知ってしまい、結構ショックを受けたのだ。
掲示板とか見ていると、文章を理解できずに頓珍漢な返答をして荒れているのを見かけるけれど、文章が理解できない。というのも、境界性知能なんだろうなぁ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。