雑学&その他

【世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ】体の歪みが痛みの原因とは限らない?【仲野広倫】

『世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ』表紙

『世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ(仲野広倫 著)』の感想レビュー。

本の紹介

ウォール街のビジネスパーソン、ハリウッドスター、五輪メダリストから指名される
10万人を治療したNY在住のスポーツカイロプラクターが教える「疲れないカラダ」の秘密

マラソンのスタートライン。

「いっちに、さんっし」とストレッチしている人を見ると
『ああ日本人だ』とすぐわかります。

アメリカ人やその他の人種はそんなストレッチを絶対にしません。

運動前にストレッチすると、パフォーマンスは下がります。
疲労回復や怪我の予防にもなりません。

そもそも開脚や前屈できるカラダが健康で、怪我をしにくいと勘違いしている人もたくさんいます。
前屈で地面に手がつかないアスリートはたくさんいますし、
開脚が得意なヨガインストラクターやプロダンサーは一般の人よりも故障しやすいカラダだと言えます。

間違ったケアをすると、いつまで経ってもカラダは元気になりません。

「最近、体力が落ちたな」
「いつもカラダがだるい、重い」
「少し長い距離を歩くと、腰やひざが痛む」

これらはカラダのキャパシティ(機能運動性)を上げれば解消されます。

そのためには

ジム通いも
1日何百回のスクワットも
バランスボールのようなトレーニング器具も
1万歩のウォーキングも

すべて不要。
本書では全米No.1の日本人スポーツカイロプラクターが
疲れ知らず、衰え知らず、不調なしのカラダになるセルフケア方法を
医学的エビデンスに基づいてご紹介します。

本の感想

科学的根拠に基づいた治療の提案。
自宅でもできるストレッチを紹介しつつ、身体の痛みに対する対策も教えてくれる。

レントゲンを撮って背骨が歪んでいてもそこが痛みの原因にはならない。
ホントかよって思うけどホントらしい。
標本のようにきれいな背骨をした人はほとんどいないんだって。

『最短で将来の健康を守れる治療こそ最高の医療』
この言葉はグッときた。
長時間の筋トレやストレッチが良いという訳ではなくて、
的確なアプローチをすれば短時間でも効果がでる。

日本人は受け身の治療で専門家がなんとかしてくれると思い込んでいます。
病気は医者や治療家が直してくれるものという認識があるからでしょうか?
医者はもっともよい方法を提案します。
しかし、あくまでも決断するのは患者さん本人の仕事で、自分のカラダのことを他人に委ねてはいけません。

”自分のカラダのことを他人に委ねてはいけません”
この言葉もいいよね。
自分で調べて自分でセルフケアしてから医者にかかるべきなのかも。
そうすれば会話もスムーズになるし、医者もある程度知識があるならこの程度の会話ならOKかな?
と、より踏み込んだ会話をしてくれるかもしれない。

自分のカラダを変える&自分の意識も変えてくれる。
そんな本でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。