日記

瞑想と性感を同時に感じるオーガズム瞑想とは?

瞑想

瞑想、それは究極のリラックス。
瞑想、それは無心になること。
瞑想、それは己の内側との対話。
瞑想、それはストレスの発散。

世の中では瞑想による素晴らしい効果が話題になっています。
ま、僕は瞑想に成功したことがないんですけどね。

あらゆる煩悩を捨て去り、無の境地に達する瞑想ですが、
そこに性器への刺激とオーガズムが加わると我々の脳内にはどんな反応を示すのでしょうか?
そんな謎研究結果の報告です!

参考:ナゾロジーより

てか、瞑想中に興奮するって邪念もいいところな気がするけれど・・・

瞑想+性感=???

瞑想と性感の融合が新たな境地を開くようです。
米国トーマスジェファーソン大学で行われた研究によれば、カップルが瞑想状態に入りながら女性の陰核を刺激する「オーガズム瞑想」によって、脳の接続性が瞑想と性感が合わさったパターンに変化するとのこと。
どうやら私たちの脳内では、清らかな瞑想と俗な性感は互いに排他的ではなく、むしろ兄弟のような存在のようです。

どうしてこんな研究をしようと思ったんだ?

瞑想と性感は正反対の概念であるように思えて、両者には共に「恍惚(こうこつ)」という共通点が存在します。
瞑想を行っているときの脳は決して無活動ではなく、ときには激しい報酬系の活性化を引き起こし、世界との一体感や深い感情をともなった「恍惚」の状態を引き起こします。
また性感も単なる報酬系の活性化だけではなく、震えるような高揚感をとおして、やはり「恍惚」の状態に至ります。

瞑想も恍惚状態だったのか・・・
瞑想している状態=スケベな状態ってこと!?

実験内容

通常の瞑想が呼吸などに集中する一方で、オーガズム瞑想は体の感覚に集中することになります。
今回女性を刺激する男性は、主に指に感じる女性の陰核の触感、そして刺激される女性は自らの陰核の感覚に一心不乱に意識を集中させます。
それでいて、オーガズム瞑想法では絶頂が目的とはされず、瞑想のように体の感覚に集中し続けることが最も重要視されます。

性器を弄られつつも瞑想に集中する・・・
そんな曲芸みたいな真似ができるのだろうか?

実験結果

15分に男性は女性の性器を刺激した結果をMRIしたところ・・・

結果、刺激される女性だけでなく刺激しているだけの男性でも、集中力と開放感そしてゾーンやフローに関係する前頭葉において、通常時とは大きく異なる変化がみられました。
また世界や空間との一体感に深く関与するとされる頭頂葉にも大きな変化がありました。
興味深いことに前頭葉と頭頂葉でみられた活動パターンは、瞑想時に観察されるパターンと一致する部分がみられたのです。
さらに感情的な中心である側頭葉の一部や報酬系(ドーパミン領域)の活性化もみられました。

ほんとかよぉ!?
足し算じゃなくて掛け算てこと!?

まとめ:ハイブリッド瞑想

時代は、瞑想と性欲のハイブリッド時代!
女性限定で性器を弄る役目はわたくしまで任命くださいますよう申し上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。