日記

庭に埋めたミカンがついに身を付けた!

庭に埋めたミカンの木が今年、とうとう果実を実らせた!
ここまでくるのに屈折3~4年(ほぼ放置)、丹精込めて管理した無農薬ミカンである!

ミカンの品種は?

不明。
貰った苗木を庭の片隅に埋めたのである。

管理

ウチ、無農薬栽培でやってますんで!(ドヤァ
ミカンの木一本でも管理がとても大変。
無農薬栽培してる農家、ほんと凄いよ。

やってることは簡単。
狭い庭なので、冬が終わりかけのころにチョキチョキと簡単な剪定。
横に伸びすぎず、身長以上にならないように。
隣家に侵略しないようにかつ、管理がしやすいようにね。

春先になると、蝶々が卵を産みにくるので卵をはじく作業。
これがなかなか見つからないんだ。
できれば卵のうちに全部退治してしまいたいんだけどねぇ。

もう少し季節が経つと、探索を逃れた卵がかえって青虫誕生。
こいつらの被害が一番甚大だった。
根こそぎ食い尽くすんだよ。

モンシロチョウの幼虫でさ、小さい頃は白黒なカラーリングでさ鳥糞に擬態してる。
成長すると緑色になって茎に擬態するようになる。
見つけ次第、デコピン。

触ると触覚出してきて、威嚇するんだ。
これがくっさいの。
鳥を追い払うためなのかな?
鳥にも嗅覚あるのかな?

というのを毎年繰り返し。
今年こそ・・・今年こそ果実を実らせてくれ・・・・ッ!!

ミカンの食べごろ

ミカンの決して市場には出回らない食べ方をしっているかい?
それはね木の上で完熟させるってことなんだ。。
最高の食べごろになるまで木から栄養をもらい続けることによって出る無類の甘み!

ここまで熟すと移動の間に腐ってしまうから市場に流通させることはできない。
自家栽培や直売でしか味わえない最高の味なのだ!!

実食

そんな完熟なミカンをもいでその場で食べる。
野菜、果物は鮮度が命だからね。
無農薬だから洗浄いらずなのもグッド。

ムキムキ…
パクッ…
モグモグ…
…ウン、オイシイネ

感想

表面の色が黄色で美味しそうでも完熟ってわけじゃない。
剥く時の感触がね、もう、美味そうじゃないんだ。

ウチのミカンがまずいんじゃない。
まだ完全に熟れてないだけなんだよ!(たぶん
もう少し熟れさせよう。

やっぱりさ、プロの農家様が作ってくれたミカンは凄いや。
植えて、ほっときゃミカンなんてできるだろ。
なんて考えは浅はか。
ミカンを舐めちゃいかん!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。