アニメ

【映画大好きポンポさん】映画を作るには死んだ目で全てを差し出さなければならない【平尾隆之】

『映画大好きポンポさん』表紙

アニメ映画『映画大好きポンポさん(平尾隆之 監督)』を見てきました。
評判を知って面白そうだなー、って調べたらあと数日で公開終了。
劇場閉会に間に合ったってこれはもう見に行くしかないっしょ!
急いでweb予約して、仕事の調整をして滑り込みセーフで劇場で鑑賞することができました。
結論から言うと、見てよかった。

https://pompo-the-cinephile.com/

あらすじ

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。
映画に心を奪われた彼は、観た映画をすべて記憶している映画通だ。
映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈になる毎日。
だが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりに没頭する楽しさを知るのだった。
ある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容。
大ヒットを確信するがなんと、監督に指名されたのはCMが評価されたジーンだった!
ポンポさんの目利きにかなった新人女優をヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

感想

ものづくりをする作品って好きなんだよな~
ポンポさんは、映画作りの映画。
展開が非常にスピーディーに進み、
映画の楽しさを、編集の楽しさを。
撮影する楽しさを。
そして、完成させる大変さを。
地味な編集作業も演出で飽きさせない作りに。

撮影中の映画でビビッと来るシーンが好き。
作中作とジーン監督との感情の同調させる演出も好き。

ジーンが倒れた時、ナタリーが見舞いに来てくれて映画編集も最後まで見守ってくれる。
そんな恋心?にも気づかずにジーンは、ポンポさんに向けて映画を編集する。
そんな三角関係という恋愛要素?も組み込んで要素が凝縮されまくった90分。
そう、この映画の一番良い所は、ぴったり90分で映画が終わるところ。

これ以上長いと、見るの飽きちゃうもんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。