登山&歩行

【Purveyors】【群馬県】キャンプ用品が充実したアウトドアショップ

アウトドアショップ『Purveyors』

赤城山のふもと、群馬県桐生市にある『Purveyors(パーベイヤーズ)』というアウトドアショップに行ってきた。
店目的だとちょいと遠いけど、群馬県への登山帰りだと大変アクセスがよろしい場所。

今回の目的は、一人用のテント。
ソロキャンプやってみたいんだ。

良いテントって高いから敬遠していたんだけど、

→装備が無いからキャンプから遠ざかる
→でも、やってみたい
→でも、装備が高いし・・・
→でも、でも、だって・・・

こんなストレスフルな思考からは、早々におさらばしなければならない。
お金で解決できることはお金でさっさと解決しちゃえばいいんだ。
お金は使ってナンボ。貯めこんでいるだけじゃ意味無いんだ!

そう言い聞かせて、店のドアを叩いたのであった。

場所

群馬県 桐生市仲町2-11-4
0277-32-3446

駐車場は、近くのパチンコ屋の駐車場を間借りしている。
ちょっとわかりづらい場所。
どうしても分からなかったら近くのセブンイレブンに・・・ゲフンゲフン
Purveyors-入口

入店するのに一苦労

一階はシャッターがかかっていて一抹の不安を覚える。
入口は上の階みたいなので、隣の階段から最上階に。
やっぱり閉まってる・・・
個人経営で平日、臨時休業だったか・・・クソッ

トボトボと三階から下に降りる。
すると、階段の踊り場、二階辺りにドアが一枚。
ここが入口だったかぁ~!

入店からこの体たらくである。

店内を物色

鉄工所跡地を改修した店内。
天井の高い作りで、入店した二階から一階を見渡せる吹き抜け構造。
色んなギアを眺めながら一階に降りて、張ってあるテントを眺める。

眺めてみたものの、どういったテントにするのが良いのか分からない。
全てのテントを物色したあたりで、店長からお声がけが。
ナイスタイミングやで~!

テントの話を聞く

店長に、
・ソロキャンプ用のテントを探している
・ゆくゆくは登山でも使ってみたい
の旨を伝えると、置いてあるテントの説明をしてくれた。

置いてあるテントは、『ZEROGRAM(ゼログラム)』という韓国メーカーのテント。
アジアの気候(高温多湿)に適したテント作りをしているブランドなんだとか。
そこから、四点見せてもらった。

ZERO1 MF
ZEROGRAM ZERO1 MF
最軽量の一人用テント。
別売りのトレッキングポールで直立させる。

PCT UL2 MF
ZEROGRAM PCT UL2 MF
短面に入口が一か所。
フライシートの中にポールが隠れるので障害に強い。

El Chaltenの1.5人用
ZEROGRAM El Chalten 1.5
1.5人用。
長面に入口が二つ。

El Chaltenの2人用
ZEROGRAM El Chalten 2
上記の二人用。構造は同じ。
値段+7000円。
重さ+300g。

君に決めた!

・初心者でテント設営が楽なもの
・一式で設営の全てを賄えるもの

この二つの条件を満たすもの・・・
それは君だ『El Chaltenの1.5人用』!!
二人用と最後まで迷ったけど、

・紫色のテントは珍しいこと
・二人で寝ることはないだろうこと

が決め手になった。
購入の旨を伝えると、
店長「これ、ラスト一個ですよ」
店長「いい商品ですからね。売れなかったら僕が買おうかと思ってました」
なんて返事が。商売上手だなコノヤロウ。

値段は、税込み56,160円。
値段に見合う価値が出せるかは自分次第。

今日、サイトを覗いてみたら売り切れだって。
本当に最後だったんだなぁ
Purveyors売り切れ

ソロキャンプに行こう

雑談の中、群馬県内にあるオススメキャンプ場を教えてもらった。
店舗に出向いて購入する良さってこういうところだよね。

よし、次はテント泊デビューだ!
楽しみだ~

ZEROGRAM ゼログラム El Chalten 1.5P 【テント/日よけ/アウトドア/キャンプ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。