日記

疲れの原因は紫外線。対策しても目から入ってきて身体が疲れるぞ

サングラス

梅雨が明けると初夏の季節がやってきます。
みなさん、紫外線対策はばっちりですか?
僕は、少しは身体が小麦色に焼けていた方がカッコイイと思っているタイプなので、
完全対策というよりは、日焼けで身体が痛くならない程度のケアで留めております。

ただ、現在、ヒゲの完全脱毛を行っている最中なので、顔の日焼けはなるべく抑えたいところ。
※脱毛レーザーは黒に反応するため肌を白くしておいたほうがよい

また、日焼けの原因になる紫外線は疲労の原因にもなるそうです。
皮膚に紫外線が当たると確かに身体が怠くなりますよね。
それが目に入ると、眼精疲労が誘発されます。
それが全身の気怠さに直結していて・・・

紫外線と目と疲労のメカニズム

紫外線が眼に悪影響を及ぼすことは徐々に広まりつつあるものの、疲労にまで影響することはあまり知られておりません。
実は紫外線を眼から吸収すると、脳から疲労物質(活性酸素)が大量に分泌され、神経細胞が酸化ストレスを受けることで脳疲労を起こします。
私たちが日常感じるすべての疲労は脳からくるといわれており、脳がストレスを受けることで身体に疲労を感じるのです。

J!NS WEEKLYより

太陽の光を浴びた方が自律神経が整って健康に良いって聞くけど、疲れやすくもなるってこと?
それとも程度の問題なのかな?
何事もやりすぎ(浴びすぎ)は良くないって。
でも、紫外線が目に入った瞬間から疲労物質の生産が始まるっぽいし・・・

紫外線、目に入らなければよし

眼が紫外線を吸収することにより疲労を感じている場合には、太陽光による眩しさそのものの軽減をしない限り疲労感はなかなか消えてくれません。
そのため外出する際にはUVカット機能の付いたサングラスをかける、あるいはつば付きの帽子を被るなどの対策を取ることが重要です。

J!NS WEEKLYより

目に入らなければ活性酸素は生成されづらい?
なるべく目を保護しつつ、良質な日光を浴びようじゃないか!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。