日記

地球の自転速度が遅くなっている?負のうるう秒の可能性

地球の自転速度って一定じゃないって知ってた?
地球の自転速度は、地球の核、大洋、大気など様々な要因の影響を受けていて、常に微妙に変化しているんだって。

参考:Sirabeeリサーチより

地球の自転の速度に合わせて都度『うるう秒』を追加すること、27回。
不定期に微妙な調整が行われてきました。

天体物理学者のグラハム・ジョーンズ氏は「1972年にうるう秒が導入されて以来、地球の自転は少しずつ遅れてきており、ここまで合計で27回うるう秒が追加されてきている」と今年初めの取材で答えている。
また、うるう秒の追加は、これまで平均で18ヶ月ごとに実施されてきたそうだ。

最後にうるう秒を用いた調整が行われたのは、日本時間では2017年1月1日。午後8時59分59秒と9時00分00秒の間に1秒挿入され、いつもより1秒長い正月となった。

うるう秒の調整のため(って訳じゃないけど)地球の自転を観測している状況ですが、どうやら今までとは状況が少し違う模様。
というのも、地球の自転が平均より遅くなっているらしいのです。
ということは、負のうるう秒が発生する可能性も・・・?

負のうるう秒の可能性

2020年の地球の自転スピードに比べれば、今年は落ちているものの、それでも平均以上の速さだ。
そのため、今後10年の間に史上初の「負のうるう秒」追加(1秒マイナス)が待っているかもしれないと、科学者たちは予測している。
しかしながら、アメリカ海軍天文台の天文学者ニック・スタマタコス氏によれば、「内部調査で次の1~2年先をモデリングしてみたが、6ヶ月から1年をこえて予測をしようとすると問題にぶち当たり、見通すことが難しい」という。
現在でも、地球の自転速度に長期的な変化をもたらす原因はわかっていないそうだ。

負のうるう秒が無くても、うるう秒を追加する間隔が伸びていくってことか。
地球の自転もバイオリズムみたいなものがあって、遅い早いを繰り返しているのかなぁ?
自転や公転の速度って一定だと思っていたから以外で面白かったよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。