日記

寿命を縮める3大悪習慣とは一体?あなたもやっていませんか?

健康

精神科医が考える、日本人にとって寿命を縮める三大悪習慣!
日本人とピンポイントに指定してくるあたり、国家的な習慣なのだろうか?

さっそく第三位からいってみましょう!

参考:東洋経済ONLINEより

第三位:運動不足

運動習慣が健康に与える影響はかなり大きい。
たとえば、死亡率なら50%、
心臓疾患なら60%、
がんなら30%
糖尿病なら58%
認知症なら50%
のリスクを減らせるという研究結果があります。

運動不足の人は、正常な人の2倍以上の病気のリスクを抱えているという見方もできます。

運動不足って言うけど、どのくらいの運動量なら良いんだい?
→一日20分の早歩き

その程度の運動でいいの!?
運動不足の認識が僕の運動不足と違い過ぎる・・・
一日20分程度も歩かない生活ってどんな生活なんだ?

第二位:孤独

孤独が健康に与える悪影響は甚大です。
アメリカ・ブリガムヤング大学の研究によると、
「社会的なつながりを持つ人は、持たない人に比べて、早期死亡リスクが50%低下する」といいます。
この死亡リスクは、
1日15本の喫煙と同程度、
過度の飲酒(アルコール依存症)の2倍、
運動不足と肥満の3倍、
も健康に悪いといえます。

孤独を感じる人は、正常な人と比べて
死亡率が1.3~2.8倍、
心疾患が1.3倍、
アルツハイマー病のリスクが2.1倍、
認知機能の衰えが1.2倍
うつ病は2.7倍
自殺念慮が3.9倍
とメンタルに対しても甚大な悪影響を及ぼすのです。

問題なのは、その人が孤独と感じるか否かなんだそうだ。
同じ環境でも孤独と感じる人と感じない人が居るだろうしね。

社会的繋がりがないと一気に老けるのは分かる。
無職時代がそうだったからね。

若い頃は一人で行動することが多かったけど、
今はなるべく人を誘って行動するようにしている。
意識しないと一人の方が楽だからずっと一人で行動しちゃうんだよな・・・

第一位:睡眠不足

睡眠不足の悪影響が現れてくるまでには、10年、20年以上の年月を要するため、非常に統計がとりづらい。
睡眠不足は、時間差でジワジワと悪影響が訪れる非常に怖い悪習慣でもあります。

個別の研究でみると、睡眠時間が6時間未満の人は正常な人と比べて、
がんが6倍、
脳卒中が4倍、
心筋梗塞が3倍、
糖尿病が3倍、
認知症が5倍、
鬱病が5.8倍、
自殺率が4.3倍
もリスクが高いという結果が見られます。

これらの疾病リスクは、喫煙に匹敵、病気によっては喫煙のリスクを凌駕しています。

最近では、睡眠中にアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβ蛋白が脳の中で洗い流されることがわかりました。
つまり、睡眠不足の人はアミロイドβ蛋白が洗い流せずドンドン溜まっていくため、認知症のリスクがとても高いわけです。

短期的に見ても睡眠不足は一日のパフォーマンスが上がらないもんなぁ
それが慢性的になってしまうと考えたら・・・ゾゾゾ
しかも、病気のリスクも上がるとか。

まとめ:専門医の目線によって順位は変動する

今回の悪習慣トップ3は精神科医からみた順位。
仮に内科医が順位を付けたら『食事』と『喫煙』が順位に入っただろうと予想していました。

僕の場合、この三つから考えると、『孤独』が一番該当しそうです。
このご時世、趣味仲間を簡単に見つけることができる時代。
もっと自分から発信してコミュニケーションをとっていきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。