小説

【人形館の殺人】人形が至る所にある館が舞台【綾辻行人】

『人形館の殺人』表紙

小説『人形館の殺人<新装版>(綾辻行人 著)』の感想レビュー。

館シリーズ四作目・・・
【十角館の殺人】新本格推理小説の一番槍。曰くつきの孤島で発生する殺人事件【綾辻行人】
【迷路館の殺人】遺言通り小説作っていたら殺されちゃいました【綾辻行人】
の本作。
シリーズ中、ひときわ異彩と放つとのことだけど、いったいどんな内容なのだろうか・・・?

あらすじ

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷・・・
顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。
街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。
彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?
シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。

感想

クローズドサークル

『館シリーズ』ということでクローズドサークルものかと思いきや、京都の街中が舞台。
むむむ・・・出ばなをくじかれた。

島田禊

館シリーズには定番のキャラクター。
が、今回は(今回も?)直接事件にかかわることはなかった。
迷路館の時も名前だけだったよなぁ

二重人格について

なんかそれっぽいなーという予想は出来たけど、
どこまでが妄想人格なのかは全員当てることはできなかった。
まさか、島田禊まで人格の一部だったとは・・・

中村青司の作った館

館シリーズは、中村青司が作った館が舞台。
という暗黙?のルールがある。
今回の人形館も中村青司が作った・・・
え?作ってないの?
一切関係ないの!?

まとめ

”シリーズ中、ひときわ異彩を放つ”の意味が読み終わって理解した。
以後の館シリーズが中村青司の作った館が舞台になるなら確かに異彩だね。

あと、多重人格ものは賛否両論ありそうだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。