小説

【アンダードッグス】香港に隠された国家機密を奪取せよ【長浦京】

『アンダードッグス』ハードカバー表紙

『アンダードッグス(長浦京 著)』の感想レビュー。

あらすじ

「君の選択肢に『No』はない。『Si(はい)』でなければ『morte(死)』だ」
――1996年末、元官僚の証券マン・古葉慶太は、顧客の大富豪・マッシモからある計画を託される。
それは、中国返還直前の香港から密かに運び出される国家機密を強奪せよというものだった。
かつて政争に巻き込まれ失脚した古葉は、逆襲の機会とばかりに香港へ飛ぶ。
だが、彼を待っていたのは、国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちと、計画を狙う米露英中、各国情報機関だった――。
裏切るか、見破るか。策謀の渦巻く香港を“負け犬”たちが駆け抜ける!

感想

1997年のイギリスから中国へ返還前の香港で国家機密の奪い合い!
敵は、アメリカ、ロシア、イギリス、中国が手配したやり手の精鋭たち。

大富豪マッシモに国家機密の奪取を命じられた古葉とチーム一同。
しかし、マッシモが手配したチームは四チーム居て、古葉チームは一番期待されていないチームだった・・・

足元を見られ、逃げ場の無い中半ば強制的に機密情報の奪取に参加させられる古葉。
重要な話を聞きにマッシモの元を訪れた直後、マッシモは暗殺されていて、そのままずるずると計画を遂行する羽目に。

1997年と2018年を行ったり来たりで頭がこんがらがっちゃう。
国家機密奪取計画も目まぐるしくスパイが入り混じって誰が協力者で誰がどの国のスパイか把握するのが難しい・・・

今回はこんな作戦か→妨害、妨害、妨害。
物語の構成を俯瞰できる人じゃないと、場面場面でのやりとりに圧倒されてしまう。

俯瞰できない僕は、場面ごとにヒヤヒヤさせられっぱなしなのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。