アナログゲーム

『脱毛ガールズ☆合コンバトル』をプレイ。女を磨いてイケてるメンズをお持ち帰り!

友達の毛深い女子たちと集まったんだけど、
その時面白かったコスメ『脱毛ガールズ☆合コンバトル』を紹介するわ。
2018年春の新作よ!

このゲームはね、女を磨いて合コンでイケメンをお持ち帰りするゲームなの。

ルール概要

1.はじめに

自分のムダ毛の数がわからない状態でゲームスタート。
自分のムダ毛の数は、最初に配られる「ムダ毛カード」で決まる。
ムダ毛カードは、他のプレイヤーにだけ見えるように持つ。
※これがこのゲームの面白いところ。

2.ゲームスタート

山札から順番にカードを引く。
山札には
『脱毛』カード、
『女子会』などのイベントカード、
そして、『合コン』カードがある。
『脱毛』カードで自分のムダ毛を減らし、女を磨いて
合コンでイケメンをゲットせよ!

3.勝利条件

合コンを3回開催して、一番イケメンをお持ち帰りした女子が勝利!

1回戦

4人プレイ。
レン子 ミス地元娘に選ばれるほど美人で有名な女子。毛深い。
A子 ブス。毛深い。
B子 ブス。毛深い。
C子 ブス。毛深い。

ムダ毛の確認

まっ!B子ったら、毛深さ10もあるじゃない!
いやだわ~

『ムダ毛』カード
ムダ毛度は8~12まである

山札をめくる

やった、脱毛3を引いたわ!
美肌美人に一歩前進よ!!

『脱毛』カード
脱毛は一枚で1~3できる

親友に相談

ねぇ?私とあそこの女と比べでどっちが毛深い?
親友「あっちの女よ」
えーっ!ほんっとー!?

『親友に相談』カード
右隣の親友相談して、他の指定した女子とどっちか毛深いか教えてもらえる

そして合コンへ

『合コン』カードを引いたわ!私が幹事よ!
合コン参加したい人~!
A子「ハ~イ♪」
・・・他はいないようね。
だったら、C子、あんた強制参加よ!!

幹事権限で一人を強制参加させられる。
当然不細工を参加させよう!
他の女子なんて、私を盛り上げるための付け合わせよ!

可愛さの申告

合コン参加者は幹事の合図とともに、ムダ毛カードを数字の上に並べ
自分のムダ毛度を申告するのよ

お持ち帰り

一番可愛い女子から『メンズ』カードをお持ち帰りできるわ。
今回一番可愛いのは、B子!ムダ毛度1!
一番いい男(3点)を持ち帰りしたわ・・・キーッ!くやしいッ!!

C子はムダ毛度4!『ムダ毛ブス』だから合コンに呼んだのよ。当然じゃない!

美人の条件はムダ毛度0~2。
それ以外は問答無用で不細工!

ないわぁ(-1点)

私は、ムダ毛度-2。
えっ、『肌荒れブス』ですって!?

美人の条件はムダ毛度0~2。
それ以外は問答無用で不細工!

ないわぁ(-1点)
ふ、ふざけんじゃないわよ!

2回戦

また私が『合コン』カードを引いたわ。
でも、まだ時期が早い気がする。今回は見送りよ・・・

合コンの開催は自由

肌荒れブスはだぁれ?

『肌荒れブス』は誰かってうわさが流れてきたわ
A子「レン子」
B子「レン子」
C子「レン子」
レン子「いないわ」
きぃぃぃぃぃッ!!

『うわさ』カード
女子全員で『肌荒れブス』を教え合う。

皮膚に潤いを

保湿よ!とにかく保湿して、
肌に潤いを取り戻すのよ!!

『モイスチャー』カード
自分の『脱毛』カードから1枚捨てるとができる
カードを引いた人以外も対象

そして合コンへ

脱毛しすぎて、保湿して・・・
自分が何を目指しているのか分からないわ。
今回の合コンは不参加ね。
B子「レン子、あんた参加ね」
・・・不細工確定じゃなーい!!

3回戦

男日照りが酷いわ。
いい男に会いたい。
愛されたい・・・
もうなりふり構っていられないわ!

世の中は情報戦

情報を制する者こそ恋愛の勝ち組になれるのよ!!
さ、この中で一番可愛い子を教えてちょうだい!!

『女子会』カード
指名された一人は【この中で一番可愛い女子(ムダ毛度0~2)】を全員に申告する

そして合コンへ

脱毛して、仕上げのモイスチャー。
『うわさ』も聞いたし、『女子会』で情報収集もした。
今の私は完璧よっ!
ハイハイハイ!合コンに参加するわっ!!

可愛さ申告

A子 ムダ毛度0
B子 ムダ毛度-2
レン子 ムダ毛度2

よっしゃ~っイケメン(+2点)ゲット~ッ!!(野太い声
おらっ!ホテル行くぞホテル!!(野太い声

結果

ここ3ヶ月の結果よ!
※勝手に1戦1ヶ月と設定してた。
A子 +3点
B子 +1点
レン子 0点
C子 -1点

A子が一番女子力が高いわね。認めてあげるわ。あなたが一番よ!
B子、初月は高級イケメンをゲットしてたけど残りは鳴かず飛ばずだったわね。
レン子、ちょっと女を磨きすぎたわね。ほどほどにしないと肌荒れしちゃうわ。
C子、なによこのブス。田舎に帰りなさいよ!

感想

ゲームの題材としての着眼点が素晴らしいわ!
パーティゲームとして盛り上がること請け合いよ!
ルールに無いのに、全員がオネェみたいに喋っていたのが印象的だったわね。

そして、肉食女子たちの戦いは続く・・・

購入はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。