日記

大衆浴場にて老人介護するの巻

おっす。お風呂は人生の社交場、レンゾーです。

入浴中に居た修行僧

両手を合掌し、
風呂場の壁で頭を支点に逆立ちしているおっさん・・・
首強すぎ・・・

今日の入浴は

サウナ12分→水風呂→休憩
を2セット。

二セット目の水風呂で意識が遠のく・・・
このまま身を委ねたら気絶できそう。
これがまた、気持ちいいんじゃ~マゾ

いつも思うんだけれど、
これって、本当に健康なの?

爺さん倒れる

風呂上り、脱衣所にて空気がざわついていた。
高齢の爺さんが倒れたのだ。

客が一丸となって介抱した。
爺「だいじょうぶです・・・だいじょうぶです・・・」
うわごとのように返答してたけど、大丈夫じゃねーだろこれ。

従業員も来て、爺さんを敷いたバスタオルの上に寝かせる。
救急車は呼ばないことになり、これで一安心?

これで一安心

一息ついて、周りを見渡すと、みんな下着はつけてるんだよな。
俺だけ裸。

従業員♀×3居るのに、俺だけ裸。

・・・(*/ω\*)キャーッ

着替え着替え・・・
って、爺さん倒れたの、俺のロッカー前じゃねーか!

おい、ジジイ、早くどけよ!俺が着替えらんねぇだろうがあぁん!?

爺さんはそのうち体調が良くなったのか、着替えを始めた。
爺さん モタモタ…モタモタ…
(#^ω^)ピキピキ

ようやく爺さんがどいて、やっと着替えができる・・・
って、地面がびしょ濡れじゃねーか!
くそったれーーーっ!!

その後

年取ると、自分の体調管理も難しくなるっていうし、
しょうがない部分もあるよな。

もう自力では外出できない状態で、
家族に連れられて週に一回風呂に来るのがなによりの楽しみ。
という状態だったりしたら倒れるのも攻められないよな~

今回の体調覚えてもらって、次は倒れないようにしてほしいね。

なんてことを考えながら脱衣所をでる。
すると、爺さんの奥さん?が従業員と事後の相談をしているのが聞こえてきた。

婆「いえね、前も倒れたことがあって・・・」
ん?

婆「本人は大丈夫だと言っていたのですけど・・・」
て、テメェ・・・

本人が入浴前に大丈夫だって言ってても一度倒れているんだぞ?
ボケ老人なんだから、オメーらがちゃんと管理しないと駄目だろーがよォ!!

フルチンで介護したのになんなんだよ。もう・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。