日記

坂道も楽々、電動じゃないアシスト自転車機構フリーパワーとはいったい!?

学生のころ、自転車で日本中を徘徊していたレンゾーです。

電動自転車以外で坂道アシスト機構のある自転車があると話を聞いたので調べてみました。

その名は、フリーパワー

ギア周りにシリコンを入れて踏み込んだ時の力を効率よく逃がすんだって。

シリコンは
・ソフト
・ミディアム
・ハード
三種類の固さがあって、それぞれ踏んだ時の感触と反発したときの推進力に違いが出てくる。
ソフトは軽踏み込み、軽反発、
ハードは重踏み込み、高反発
なんでしょ?

※そういう訳でもないらしい。

もう少し詳しい説明

デッドゾーン

ペダルを漕ぐとき、踏み込むときはしっかり力が入っているけれど、
ペダルが上下にきたわずかな間、踏み込みが弱くなってしまう地点がある。
それをデッドゾーンというのだけれど、それを解消したのがフリーパワー

デッドゾーン解消

ペダルを踏みこんだ時にシリコンが圧縮される。
→デッドゾーンに入った時に圧縮されていたシリコンが反発する
→推進力に
→デッドゾーンを抜けて踏み込むとまたシリコン圧縮
→繰り返し

ここのサイトが分かりやすかった

買える場所


フリーパワー搭載自転車を売っているのは『サイクルオリンピック』のみ。

フリーパワー搭載車

約50,000円。

既存のママチャリをフリーパワー化

10,000~15,000円。

既存のチャリンコもフリーパワー化できるのはデカイね。
安いママチャリなら1万円程度で買えるから乗り出し価格3万もあればって感じか。

ただ、フリーパワー搭載車なら最大限フリーパワーを活かせる構成だろうから、
搭載車か改造か迷う値段設定ね。

これで電動自転車と同等の効果が得られるなら、ママチャリ界の覇権だぞ・・・

まとめ

うおおッ!試乗してみたいッ!!
最寄りのサイクルオリンピックは・・・

関東限定じゃねーか!!チクショー!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。