日記

久しぶりにキャッチボール。体を動かすのはやはり良い

キャッチボール

無性になにか特定なことをやりたくなることってありませんか?
僕は今回、無性にキャッチボールがやりたくなってしまいました。

というのも、何気ない会話の中で、立木の木漏れ日がある中、芝生の生い茂った運動公園でサッカーやキャッチボールをした。
という話を聞いてしまったからなのです。

夏に向け気温が急上昇中の日々ですが、管理の行き届いて、自然の残っている公園でのキャッチボールなんて最高じゃない。
疲れたら青々とした葉の下で休憩・・・いいなぁ。

いいなぁと思いつつ、遠出できる時間がないので近場の公園でキャッチボールを企画。
日陰の無いハゲ土の公園で日中キャッチボールのは暑さでバテてしまうので朝、早い時間に企画。

「朝8:00頃公園でキャッチボールやらないかい?」

そして集まったメンバー総勢二人(レンゾー含む)。
朝時間を有効に活用する奴らが集まったぜ!

キャッチボール

よーし今日は一時間ぐらいやっちゃうぞ!
→20分でした。

昔ほどのスピードが出せないのも悲しい。
投げた球は良い音が出ていたと思うけれど・・・

相手の球も昔より威力が落ちているはずなのに手に受けた時の衝撃が凄まじい。
取り方が下手になっているのと、手の皮が慣れていないのが原因か。

遠投にも挑戦。
飛距離は・・・30mくらい?
肩が痛ぇ・・・

キャッチボール後

20分ほどのキャッチボールでヘトヘトの二人。
そこからは一時間ほどのウォーキングを楽しんで解散。

中年にはこれくらいの負荷の運動が丁度良いのよ。

帰宅後

ほどよい疲労感が全身を包む。
風呂入って少しパソコン触って昼めし食って。
そしたら昼寝ですよ。

終わってみると、筋肉痛は出無さそうな運動量だったなぁ
けど、やっている時間は疲れること疲れること。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。