日記

HPVワクチンの接種を放置するとどうなる?

予防医療

みなさんは、HPVというものご御存知ですか?
HPV(ヒトパピローマウイルス)とは、子宮頸がんの原因になる病原菌。
ウイルスの種類は150種類以上存在していて、無害なものから感染したら高確率で子宮頸がんになってしまうものまで!

しかし、現在は、がんになる危険性が高い上位数種類はワクチンが存在しており、予防接種し免疫をつくることで対策が可能なのです。
じゃあ、安全じゃん!って思うかもしれませんが、ワクチンの接種率が日本では無茶苦茶下がっているという統計が出ました・・・

日本の現状

2013年4月から小学6年から高校1年の女子を対象に公費でうてる定期接種となったが、接種後に痛みなどの体調不良を訴える声が相次ぎ、報道が加熱したこともあって、同年6月には厚生労働省は自治体から対象者に個別にお知らせを送る「積極的勧奨」を中止した。

この結果、70%ほどだった接種率は1%未満となり、将来、子宮頸がんから守られない女性が日本で今後も多く生み出されることが予想されている。
(中略)
その結果、これからも日本でこの低い接種率が続いた場合、5万5800人から6万3700人が新たに子宮頸がんとなり、9300人から1万800人が死亡すると予測された。

BuzzFeedNewsより

ワイの嫁候補たちが・・・
こんなに死んでしまうなんて・・・!

接種率1%で推移していくと・・・

積極的勧奨の中止で失われた命と今後、失われる命を算出
子宮頸がん検診とHPVワクチンに関する政策を決める時に使っている数理モデルを使った。
研究の目的は以下の3つ。

1.HPVワクチンの積極的勧奨の中止で、本来は子宮頸がんにかからなかったはずの患者数とそのために失われた命を具体的な数字で示す
2.積極的な勧奨の中止が今後50年間続いた場合、子宮頸がんになる患者数と死亡者数
3.2020年中に積極的勧奨が再開され、接種率が70%まで回復した場合の、子宮頸がんの患者数や死亡者数

※日本国内のデータを用い、日本人の平均余命や、浸潤がんにおけるHPVの型別の感染率、子宮頸がん検診の受検率、子宮頸がんの罹患率と死亡率、ステージ別の子宮頸がん生存率などのデータを使って解析した。

BuzzFeedNewsより

その結果、2013年6月から2019年まで、積極的勧奨が中止された影響で、1994年から2007年の間に生まれた女性は、生涯で2万4600人から2万7300人が子宮頸がんを発症し、このうち5000人から5700人が死亡すると予測された。

BuzzFeedNewsより

6年間のデータでこれだからね。
低接種率が続くと考えると・・・ヒィィ、恐ろしい!

予防すれば助かるのに放置するのはアホ

予防するだけで重症化を防げるなら絶対やるべき。
知らないからガンになる。
なんて馬鹿らしすぎるし、もったいないよ・・・

このサイトを訪れて、この記事を読んだアナタ!
これも何かの縁です。
自分の子や友人の子にHPVワクチンの接種や情報、知識を教えてみては?

僕もね、男性ながら予防接種の相談に行ったんですよ
予防医療ってなんぞ?HPVワクチンに興味を持つお年頃

HPVワクチンの対応をしている最寄りの病院に行って相談してきたんです。
診察室に通されて、医者と必要以上の看護師たち。

医者「男性のキミがHPVワクチンを打ちたい理由は?」

なんて聞かれて、しどろもどろに答えてしまいました。
結局、やんわりと断られる形で帰宅。
以後、放置してしまったんだけど、今回の研究結果を見て、
もう一度、予防接種の相談をしに行こうと思いました。

今度は、男性への接種実績がある病院を選ぶぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。