日記

予防医療ってなんぞ?HPVワクチンに興味を持つお年頃

予防医療

最近、予防医療について調べております。

予防医療とは?

不調を感じて病院に行く。病気と診断されて、薬を飲みはじめる・・・。
医療には、身体に異常を感じてから病院やクリニックなどの医療機関で受ける検査や治療というイメージがあります。
医療は病気にかかってしまった患者さんのためにあり、それ以外の人々には関係ないもの、と一般に思われているようです。

医療機関で検査や治療を受けることに慣れた私たちにとって、「予防医療」という言葉はあまりなじみがありません。
しかし、医療の目的には治療することだけではなく、病気の重症化や再発など、病状の悪化の予防も含まれます。
また、健康な人が将来、病気にならないようにバランスの良い食事の摂取を心がけたりウォーキングを始めたりすることなど、健康な人が健康を維持・増進する行動も含まれます。
医療を健康維持・増進、病気の予防という視点から包括的に捉え直し、私たち一人ひとりが今、何をすべきかという行動指針を示してくれるのが予防医療なのです。

予防医療.jpより

予防医療の三つの段階

調べていくと、予防医療には三つの段階があるようです。

一次予防

食生活の見直しや、適度な運動など、生活習慣の改善。
また、予防接種を受けて病気を未然に防ぐこと。

二次予防

定期健診や検査などを行い、早期に病気を発見、早期治療に取り組むこと。

三次予防

病気になっても適切な治療をおこない、病気の悪化防止を行うこと。
リハビリにより病気の回復、再発防止に取り組むこと。

こんな感じ。
僕は、食生活を見直して、適度な運動をするようになった一次予防者。

なんか、三次予防ではすでに病気にかかった後って感じだけど・・・
次の病気という視点で見ると予防扱いなのかな?

予防接種を受けよう

食生活の改善と運動習慣の改善は行った。
次は、予防接種に挑戦だ!
実は予防医療に興味をもつきっかけになった動画があって・・・

僕もね、女性と性交渉を持つことがあると思うので
乱れた性生活を送っているのでね。
HPVワクチンに興味を持ったのです。
※あとピロリ菌

HPVワクチンの情報

※HPV=ヒトパピローマウイルス
・種類がある
 →サーバリックス
  HPVのヤベーヤツ上位二種に対応
 →ガーダシル
  HPVのヤベーヤツ上位四種に対応
 ※海外では九種対応のものもあるらしい

・筋肉注射

・二か月おきに三回注射する必要がある

・料金はトータルで6万円
 ※30代男性の場合。
 10代の女性には助成金がでる自治体もあり

対応病院を探そう!

HPVワクチンを打ってくれる病院を探せるサイト
http://www.shikyukeigan-yobo.jp/search/

ちょっと相談に行ってみようかな・・・

追伸:相談に行ったよ!

地元の対応病院に相談に行ったら・・・
「女性がメインでやるものなので・・・」
「男性がやった場合の副作用などは自己責任で・・・」
なんてやんわり断られてしまいました。

男性の接種実績がある病院を選ぶべきだった。
診察室に呼ばれて、医者、看護師に囲まれて、
「キミはなんで接種しようと思ったの?」
みたいなことを聞かれて、しどろもどろに回答・・・
これなんのプレイ?ねぇ、なんのプレイ!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。