日記

HPVワクチン『ガーダシル9』を予防接種してきました。

ガーダシル9

HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)ワクチン接種の積極接種推奨が再開されたというニュースが飛び込んできました。

HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)とは?

HPVは性行為で人から人へ感染するウィルスであり、HPVと関連する疾患は尖圭コンジローマと癌です。
癌として知られているのが、女性では子宮頸がん、外陰がん、膣がん、男性では陰茎がん、そのほか男女に共通しているのが中咽頭がんと肛門がんです。

子宮頸がんで有名なウイルスで女性へのワクチン接種が推奨されていますが、男性の場合は、喉頭がん、肛門がんへの可能性があるウイルスなのです!
がんの可能性をワクチンで遠ざけることができる・・・
この情報を知った当時の僕はHPVワクチンを扱っている最寄りの医者に接種の相談をしに行ったのでした・・・

その結果がこのざまだよ!

地元の対応病院に相談に行ったら・・・
「女性がメインでやるものなので・・・」
「男性がやった場合の副作用などは自己責任で・・・」
なんてやんわり断られてしまいました。

診察室に呼ばれて、医者、看護師に囲まれて、
「キミはなんで接種しようと思ったの?」
みたいなことを聞かれて、しどろもどろに回答・・・
これなんのプレイ?ねぇ、なんのプレイ!?

予防医療ってなんぞ?HPVワクチンに興味を持つお年頃より

男性の接種理解がある病院を選ぶべきだったんだけど、当時はそれで心が萎えてしまって接種することを止めてしまったんだよね。
そして、HPVワクチンなんて忘れた頃にこのニュースですよ!
再度、ワクチン接種をしてみようと思ったのです。

最近ではとても便利で、男性がHPV接種可能な病院の一覧が掲載されているサイトもあった。
HPV9価ワクチン 医療機関リスト
※僕もこの中から一番最寄りの病院を選択しました。

摂取したワクチン

ガーダシル9
ガーダシル9というワクチン。
HPVは百種類以上あって、その中でも特にヤベーやつ9種類に対応しているワクチン。
これで、HPV由来のがんの9割が防げるらしい。

※国産でガーダシル9と同程度の効果があるシルガード9というものもある。
 まだシルガード9は普及し切っておらず、輸入品のガーダシル9を注射した。

一回33,000円(税込)で三回打つ必要あり。
そこに、初回の診察費や交通費が加わって・・・

選択した病院

上野にあるパーソナルヘルスクリニック
https://ph-clinic.org/
一番アクセスが良い病院ってだけなんだけどね。

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目39−3 上野不二ビル6F

予防接種

ガーダシル9は予約無しでも接種できるということなので予約無しで突撃。
平日のオープン直後に行ったこともあり、すんなりと接種することができた。
受付
→自分のスマホでweb問診票を10分ほど記入
→問診票提出後、5分ほど待機して診察室へ
→ガーダシル9の説明をうけ同意書に記入
→待合室で5分ほど待機
→別の部屋で予防接種
→支払いと次回予約して終了

全部で一時間はかかっていないと思う。
支払いは、35500円(ワクチン3,3000+初回診察料2,500)

追記:術後経過

接種日は激しい運動とアルコールは避けた。
結果、なんともなし!
まぁ、一回目だしね。

合計で10万円かぁ
仮想通貨で得た資金がほとんどなくなってしまうね。
ギャンブルで得たあぶく銭なんていつも散財してしまうから、こうやって身になることに使えて良かったと思うことにしよう。うん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。