日記

犬の散歩、早朝だからこそ見える景色

おっす。朝晩犬の散歩をしているレンゾーです。

僕の日課で、朝晩犬の散歩をしています。
ようやく一日の流れの中に組み込んで、義務的かつ機械的に実施できている気がします。
正直面倒くさいよね。

朝の散歩

犬はアスファルトから近く、靴も履いてないから炎天下での散歩は虐待である。
なんて言葉をどこかで聞いたから夏の間は朝早くに散歩していた。

6:00・・・暑い。
5:30・・・まだ暑い。
5:00・・・こんなもんか。

こんな感じで早朝に散歩してきたのだけれど、最近涼しくなってきたじゃん?
日の出も5:34頃で寝起きはまだ暗いしさ。
そろそろサマータイムも終わりかな。

今朝は、前日の雨の影響で霧が出てたんだ。
薄い霧だけれど、奥の方は見えない。
夜が明けきらないから街灯の灯りが霧の中にぽうっと浮かんでる。
朝早いから人が居なくて静か。

こういう静かで幻想的な雰囲気好きなのよ。
早朝散歩も悪くないかもしれないね。

夜の散歩

時間はまちまち。
日が落ちて、暗いと危険なので懐中電灯片手に。
帰宅後、夕食を食べてからだと行く気が起きないので、
体に鞭をうって直ぐに行くことにしてる。
これから寒くなるから、厳しい季節が始まる・・・

散歩の効果

参考:良好倶楽部

朝の散歩は体内時計を整える効果があります。
朝日を浴びながら散歩をすると、体内時計のずれがリセットされ、正しい生活リズムに戻ります。

朝散歩行くまではだるいけど、散歩行っている間に目が覚めてる。
体内時計のリセットなのか、動いたから体が起きたのか。

散歩は歩くことだけに専念しなくてもよい点が精神的なリフレッシュにつながります。
散歩は自由度が高く、ストレスもかかりにくい運動であるため、気分転換になり、うつ病の治療にも効果があります。

確かに、体を動かすのは確かにストレスの解消になっている。

散歩で酸素を取り入れながら筋肉を使うと血行が良くなります。
そうすると、脳への血流も増え、酸素も多く運ばれるようになります。
脳が働きやすい状態になるため、座ったままでは解決できなかった悩みが解決できたり、新しいアイデアが浮かんだりしやすくなります。

考える力か・・・
脳が活発になっているのか?ここは実感が無いな。

もしかして、散歩のおかげで健康体を保てている?
そんなわけで、犬の散歩はいいぞ!
義務じゃなくて楽しむんだぞ!(自己暗示

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。