日記

カフェイン摂りすぎには要注意?

コーヒー

20分の昼寝がいい(って話を聞いた)ので、20分の昼寝を日課にしています。
が、最近、昼寝の目覚めが悪いです。

どうやら、カフェインを適切に摂取することでこの症状が緩和するとのこと。
昼寝前にカフェインを摂取することを『コーヒーナップ』って言うんだって!

コーヒーを飲むと?

コーヒーに含まれるカフェインに覚醒効果がある。
カフェインは小腸から血液内に吸収され約20分で脳に到達します。
そこから覚醒効果がスタートするのだ!

カフェインの効果(科学的な説明)

脳内には、アデノシン受容体というものがあり、そこにアデノシンという物質がくっつくと人間は疲労感や眠気を感じるようになります。
カフェインはアデノシンと似た分子構造をしていて、アデノシンより先にアデノシン受容体とくっついてしまうので、疲労感や眠気を防げるという寸法。

ただし、カフェインを摂取してもアデノシンは消えるわけではありません。
アデノシンを減少させる方法はただ一つ、『寝る』。

そこで、『コーヒーナップ』の出番。
カフェインを摂取してから脳に到達するまでの約20分間を昼寝することで、脳内のアデノシンを減少させつカフェインの覚醒効果も効率的に利用するという最強の手法なのです!

カフェイン接種方法

コーヒーを入れるのが面倒臭かったので、カフェインカプセルで代用。

一粒辺りのカフェイン含有量は100mg!
カプセルタイプで一見してカフェイン錠剤には見えないデザインで国産。

まとめ

久しぶりにカフェイン100mgを投入したら睡眠後の目覚めが快適だった。
快適というか、心臓がバックンバックンしてしまい、大変だった。

半分ぐらいの含有量でも大丈夫なんじゃないかな。
メーカーさん、カフェイン含有量が10mg単位で違う選べる商品作ってくださいよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。