小説

【降伏の儀式 上】異星人が地球に攻めてきた!【ジェリー・パーネル&ラリー・ニーヴン】

『降伏の儀式 上』表紙

SF小説『降伏の儀式 上(ジェリー・パーネル&ラリー・ニーヴン 著)(酒井昭伸 訳)』

あらすじ

ボイジャーによる土星探査から数年後、小惑星観測の写真解析を行っていたハワイ天文台の科学者は木星軌道に「自力推進する物体」を発見する。
分析の結果、それは人工物であり自力推進で地球に向かっているということが確実視された。
科学技術で遥かに超越しているであろう異星人に侮られることを恐れたアメリカとソビエトは共同で軌道上のソビエトの宇宙ステーション「コスモグラード」で彼らを出迎えることとする。
しかし地球に接近してきた彼らは無警告で大規模な地球侵略行動を開始し地球は侵攻されてしまう。
運動エネルギー兵器やレーザーを使って宇宙から自由自在に爆撃が可能な彼らに対する陸戦での戦いは絶望的であり、さらに小惑星を太平洋に落下させられたことで地球人は壊滅的打撃を受ける。
その状況を打破するためには軌道上の彼らの母船を叩くしかない。かくして「大天使」計画が発動するのだが・・・

感想

上巻は、旅する群れこと、異星人のフィスプの侵略。
人類の反撃シーンは局所的で、ことごとく街は破壊され、捕虜を何人も出してしまう始末。
なのにアメリカとロシアはけん制し合っていて・・・
このまま仲違いしていたら異星人に負けてしまう!
アメリカとロシアは異星人討伐まで手を組み、反撃の狼煙を上げた!

上巻は侵略が始まるまでの日常パートが多め。
戦いが始まるまでは正直退屈だった。
日常パートや民間人パートは斜め読み。

場面転換が多いので一瞬あれ?ってなる。
場面が変わるときは行間を開けているから分かるはずなんだけどね、見落としちゃうと頭がこんがらがっちゃう。

それでも頑張って読み進めて、ようやく反撃だ!
ってところで下巻へ続く。チクショー!

降伏の儀式とは?

フィスプは群生動物。
彼らにとっての降伏とは勝利した群れの代表が横たわった敗北した群れの代表を足で踏みにじる儀式をもって成立する。
なのに人間は一人が降伏の儀式を行ったのに他の人間は普通に反撃してくる。
フィスプたちの常識からかけ離れた存在だったのだ!
降伏の儀式をしたのに、不意打ちに近い形で攻撃してきやがって!ゆるせんよなあ!

まとめ:下巻は大反攻戦!

上巻のクライマックスで米露が協力して核爆弾を敵が占領した拠点に飽和攻撃をした!
さぁ、人類の反撃だ!というところで終わったので、下巻が楽しみ!
それにしても上下巻あわせて1000ページ超えは読みごたえがありすぎる。

【降伏の儀式 上】異星人への攻撃を開始せよ!【ジェリー・パーネル&ラリー・ニーヴン】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です