小説

【予言の島】呪われた離島から生き残る術は・・・?【澤村伊智】

『予言の島』ハードカバー表紙

『予言の島(澤村伊智 著)』

あらすじ

【初読はミステリ、二度目はホラー。この謎に、あなたもきっと囚われる。】
「わたしは死ぬよ。言葉で。呪いで」
瀬戸内海に浮かぶ霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・宇津木幽子が生涯最後の予言を遺した場所だ。彼女の死から二十年後、《霊魂六つが冥府へ堕つる》という――。
天宮淳は幼馴染たちと興味本位から島へ向かうが、宿泊予定の旅館は、怨霊が下りてくるという意味不明な理由でキャンセルされていた。
そして翌朝、幼馴染みのひとりが遺体となって発見される。しかし、これは予言に基づく悲劇のはじまりに過ぎなかった。
不思議な風習、怨霊の言い伝え、「偶然」現れた霊能者の孫娘。祖母の死の真相を突き止めに来たという、彼女の本当の目的とは……。
あなたは、真実に気づくことができるか――。島の秘密が暴かれたとき、惨劇の幕が開く。

感想

宇津木幽子の言霊によって集められた観光客たち。
宇津木幽子の孫からかたられる宇津木幽子の真実と霧久井島の呪いの正体。

預言ではあと六人死ぬ。現在の死亡者五人。
自分が死なないためには誰かが死んでくれれば・・・

ここの理屈は『魔眼の匣の殺人』で履修済み。
【魔眼の匣の殺人】あなたは預言を信じますか?【今村昌弘】

呪いの正体は徐々に分かってきたけれど、オチがねぇ。
文章の端々で違和感があったのはこいつだったのか!
部分部分に見返してしまったよ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。