日記

みんなで串打ちして七輪で炭火焼き鳥を食べよう

焼き鳥

昔々・・・というか1,2年ほど前に七輪で炭火焼き鳥を企画しました。
それが好評だったのか、再度声をかけて貰えまして、今回の規格になった次第。

前回は、前日に一人で串打ちを行ったのですが、これは流石に重労働だったので、

今回は、
買い出しを行い、
食材を串に打ちやすいように刻んで、
道具を用意して、
友人たちを現地に送迎して、
設営して、

までを僕が行いました。

串打ちは当日みんなで行う。

・・・やる事が多いって?
まま、企画運営者になったほうが行事とか旅行の記憶って残りやすいからね。
割と進んで作業をしたりしてる。

用意した具材

具材一覧

■上段左から、
・むきえび
解凍してから3,4個を串に。
塩よりタレのほうが美味しいかな。

・鳥もも肉
焼き鳥と言ったら鶏もも肉!
なので一番量が多いです。
もも串にして良し、
ネギ間串にして良し。
焼き鳥の万能肉!

・豚タン
塩でペロリと食べれるタン。
スーパーで売っている単は厚めなので、串に刺しやすいのもグッド。

・砂肝
鳥にのみある器官砂肝。
コリコリと他にはない食感がたまらない!
あなたはタレ派?塩派?

・豚ハツ
ハツとは心臓のこと。
正肉とホルモンの中間のような味わい。
塩よりタレの方が美味しいと思う。

・長ネギ
ネギだけ串も美味しいけど、
今回用意した分は全てネギ間として使用。
肉ばかりのなかでネギの辛みが良いアクセント!

■中段左から、
・えだまめ
冷凍枝豆は味が安定して美味しい!
毎回つまみとして買っていきます。
大ボリューム800g!

・ハンペン
歯の矯正は歯茎の痛みを伴い噛むだけで痛みが走るとのこと。
今回は矯正者向けに柔らかいハンペンを用意してみました。

四角いはんぺんを半分にスライス。
プロセスチーズを挟んでから縦に三角にカット!
初の試みだったけど、好評でした。

・鳥皮
一番最初に焼いて、落ちた油で火力アップ!
中盤以降も火力調整に一役買います。
焼くときは、カリカリに焼いてタレで食べると(゚д゚)ウマー

・豚モツ
塩でもタレでもイケる。
購入したのはボイル済み?
お腹が溜まってきてもするする入っていく。

・ボイルホタテ
大きすぎず、小さすぎず。

・たまねぎ
新玉を購入したけど、カットするときのぬめりが凄い!
厚みが均一ではなくいびつになってしまうのであった・・・
焼くと甘みが一層際立って美味しい!
焼きすぎると水分が飛び過ぎてスカスカになるので注意!タレでどうぞ。

■下段左から、
・豆もやし
好きなんです、豆もやし。
キムチ味だけど辛くない味付け。

・白菜の浅漬け
安定して美味しい白菜の浅漬け。
箸休めにどうぞ。

・シイタケ
プリっと厚みのあるシイタケを購入。
肉厚で美味しい!
しいたけは、塩、しょうゆ、タレ
と三者三様の楽しみ方があるのだ。

・アスパラガス
一本串にせず、等間隔にカットして5,6個串に刺して焼く。
タレに漬ける時に串から取れやすいのが難点。

・シイタケの石づき
シイタケの副産物。
石づきは本体から分離して、石づきのみの串を作成。
シイタケのぷりぷりした食感とまた違うぷりぷりさを味わえる一品。
生産量が少ないレア串。

・葉ニンニク
ネギと同じような使い方をする。
ネギみたいだけどニンニクの香りがガツンとする。
ネギ間かニンニク間か、食べるまで分からないのだ。

■写真に写し忘れた、
・プチトマト
焼いて塩を振りかけると酸味と甘みのコラボレーション!
噛んだとき出てくる汁が熱いので注意!

焼き鳥会当日

当日の天気はくもりでちょっと肌寒かった。
けれど、春の陽気が出てきているので凍える程ではない。
焼き鳥初めて組も最初は怪訝な表情だったけど美味しそうに食べてくれた。

焼き鳥の良い所は、BBQと違って一定のペースで食べ続けるところ。
BBQは一気に焼いて最初にウォーッて食べちゃうけど、
焼き鳥は焼き手がひたすら焼いて皆に提供するかたちで話をしながらダラダラ食べる。
楽しいんだこれが。

まとめ:運営はみんなを巻き込もう

どう?良い焼き加減でしょう?
焼き鳥
自分が撮った写真がこれだけだったなんて・・・

今回の規格も大成功のうちに終わったのでした。
企画運営するのは楽しいけど、なるべく人を巻き込んで運営したいね。
そのほうがみんなで作っている感を演出できるしさ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。