小説

【みをつくし料理帖2】【花散らしの雨】感想レビュー【高田郁】

『花散らしの雨』文庫表紙

みをつくし料理帖シリーズ『花散らしの雨(高田郁 著)』の感想レビュー。

シリーズの感想はこちら

あらすじ

元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。
早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。
だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪の創作したはずの料理と全く同じものが「つる家」よりも先に供されているという。
はじめは偶然とやり過ごすも、さらに考案した料理も先を越されてしまう。
度重なる偶然に不安を感じた澪はある日、ふきの不審な行動を目撃してしまい―――。
書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第二弾!

感想

俎橋から~ほろにが蕗ご飯~

旧つる家が付け火で延焼し、引っ越して新つる家として飲食店を再開した澪一行。
新つる家は二階建てで一階は入れ込み、
二階は三部屋の個室と店舗が大きくなり種市、澪の他に芳、おりょうも手伝ってくれることになった。
それでも手が回らなかったので口入れ屋(人材派遣?)からの斡旋でふきという少女を雇い入れることに。

人員を確保した新星つる家は、新作メニューの研究をはじめる。
しかし、季節の新メニューを考案するも、ことごとく登龍桜に真似されてしまう。
しかも同メニューを登龍桜が先出ししてくる形で。
新規メニューを考案している場にはふきしかいなかったが果たして・・・

スパイはふき。
僕だったらスパイが発覚した時点で追い出してしまう。
けど、つる家の面々は、事情が事情だし・・・
ということで、自発的に足を洗うことをふきに期待するが・・・

澪が、登龍桜に乗り込み、啖呵切るところはアツいね。
こうして、ふきはつる家の一員になったのだ。

ただ、残してきた弟の待遇を考えると・・・ゾゾゾ
ボコボコにされてなければいいけど。
澪が借金を肩代わりしてでも弟を救出するのだろうか?

花散らしの雨~こぼれ梅~

つる家の前で行き倒れていた男を介抱すると、男は味醂売りを名乗る留吉だった。
味醂は白味醂と呼ばれる色の薄い味醂で、天満一兆庵では採用されなかったもの。
だが、留吉の白味醂はその時以上の味だったので、

暫くして、吉原の又次がやってきた。
話を聞くと、あさひ太夫が怪我をして、
命にかかわることではないものの重症とのことだった。
澪は又次が持ってきた金柑を密煮にしてお見舞いの品とした。

後日、留吉が依頼していた味醂粕を持ってきてくれた。
味醂粕こと、こぼれ梅は小さい頃に野江と一緒に食べたもの。

今の季節、女でも吉原の中へ入れる。
澪はいてもたってもいられず、野江にこぼれ梅を渡すために吉原へ出向いた。

澪はあさひ太夫に会うことができるのか?

導入はなんてことない仕入れ業者を増やす話。
澪ちゃん、相変わらず調味料の使い方が上手いですね。

後半は、野江ちゃん編。
窓越しのキツネコンコンはほろりとしちゃう。

一粒符~なめらか葛饅頭~

卯月(4月)の話
原拠の長家からつる家まで一時間ほどかかるので裏手の長家に引っ越してはどうかと打診された澪。
今の長家も居心地がよいのだけれど・・。

そんな中、長家仲間のおりょうの夫、大工の伊佐三に初普請の仕事が舞い込む。
初頭領として張り切る伊佐三だったが、同時期に息子の太一が麻疹にかかってしまう。
江戸時代の麻疹は死に病と恐れられており、死亡率が高かった。
澪と芳は麻疹の免疫があり、交代で太一の看病をする。
ところが、我が子が心配だったおりょうは、麻疹に掛かったことがあると嘘をつき太一を看病し、自身も麻疹に罹ってしまう。
子供より大人の方が死亡率の高い麻疹。
おりょうはどうなってしまうのか・・・?

子を思う母親は偉大だけど、共倒れしちゃ意味なくね?
なお話。

また、澪と太一の和解の話でもある。
人との繋がりは大事だけど、引っ越した方が良いと思うんだけどね。
また引っ越しネタをやるのか、ずっと住み続けるのか。

銀菊~忍び瓜~

皐月(五月)の話
麻疹で人員不足の時にヘルプで入ってくれた”りう”との別れから。
澪に恋の助言をして去っていく。さすが年の功(75才)。
澪は小松原様が好き。
ところが同名の娘、美緒に源斉先生が好きな相手は澪なのでは?
と横恋慕されてしまう。

同名で年も近い二人。
誤解が解けると、お互いの恋の話題で盛り上がることとなり・・・

縁起担ぎで食う食わないを決める江戸っ子たち。
理解できん。

輪切りのキュウリはダメだけど、
叩いてつぶしたキュウリは模様が見えなくなるからOK!
なんじゃそら?

澪は小松原様に想いは伝えないけど想いは募るばかり。
この先どうなっていくのかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。