日記

猫アレルギー用ワクチンの開発。

猫毛繕い

ネコ好きだけれど、猫アレルギーで猫と好きなだけニャンニャンできないそんなあなたに朗報です。
なんと、猫アレルギーに対するワクチンが開発されているのです!
猫や犬のアレルギーというのは、どうやらその動物自身から発せられるアレルゲン物質が原因のよう。
そのアレルゲン物質の耐性を人間に付けよう!
という発想には至らず、
動物自身からアレルゲン物質を発生させないようにしよう!
というのが今回のワクチンの目論見。

一体どういうことなのか?
紹介します。

猫アレルギーの仕組み

動物により引き起こされるIgE抗体を介する即時型過敏症としては、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーがあるとされ、最も頻度が高いものです。
これらの過敏症を引き起こす主なアレルゲンですが、ネコではFel d 1から8までの8種が知られており、イヌはCan f 1から7までの7種が知られています)。
この内、ネコではFel d 1が主なアレルゲンとされ、ネコアレルギー患者の90%以上が陽性を示します。

Fel d 1は唾液だけでなく皮脂腺や皮膚など体の表面からも発生しており、。雌ネコの産生量は雄より低いとされ、去勢ネコも雌と同じく低いレベルですが、ネコアレルギーを誘発することには違いがありません。
純粋のシベリアネコのFel d 1の産生量が低いことが知られていますが、品種との関連は不明な点が多いようです。

ワクチンを接種することで、
ネコをFel d 1で免疫することにより、人間のFel d 1誘発性アレルギーを予防することを目的に実施されたものです。
ワクチンを投与したネコは中和抗体を産生し、ネコアレルギーである飼い主の症状を軽減する可能性があると述べています。

参考:酪農学園大学 動物薬教育研究センター

ふむふむなるほど???
要約すると、
・猫アレルギーの原因は、Fel d 1が主である
・Fel d 1は、猫のあらゆるところから分泌されている
・ワクチンを猫に打つことで、Fel d 1の生産が抑制される
・人間へのアレルギー反応低下

まとめ:それは動物愛護?

なんて画期的なアレルギー対策!
って思ったものの、動物愛護の観点からの問題点が一つ。
今回したワクチンは、猫の病気を治療、予防したりするものではなく、
あくまで飼い主に対するアレルギー誘発を抑制するためのもの。
これが動物用医薬品なの?どうなの?
というのが議論されているらしい。

猫への副反応が無く、安全であれば、公衆衛生的にも投与してもいいとは思うけど、
動物に拒否権が無いのがねぇ・・・
人間の傲慢さでペットを苦しめることにならなければいいけれど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。