日記

冷房が無い部屋で熱帯夜を過ごす。暑さの凌ぎ方

熱帯夜

どうも。部屋に冷房が無く、毎晩の熱帯夜に悩まされているレンゾーです。

窓を全開

二階部屋だからできる芸当。
あと、僕が男だからってのもあるかも?

コツとしては、自分の部屋だけ窓を開けるのではなく、
風の通り道を意識して窓を開けること。

風の流れ→→→
窓→自室ドア→廊下→隣室ドア→窓

こうすることで少しでも風が流れて寝やすくなる。はず。
無風の熱帯夜って多いけど、気休め程度の効果はあるよ。
こんな熱帯夜に窓閉め切って冷房無しってのは、自殺志願者ですよ。

だけど、開けすぎると、犯罪者への警戒が弱まってしまうのが難点だよね・・・

扇風機

無冷房睡眠者への必須機械。

暑さによって風量も調整できるし、
強風を直当てすればかなりの涼を感じることができる!

最近?の扇風機はタイマー機能が付いているので入眠まで扇風機を使って、
夜涼しくなったら止まるようにしておけば風邪もひかずに健康的?

僕の場合は、一晩中扇風機を使用しています。
直当ては身体によくないという話を聞いたので、
風の動線に対して扇風機を回しているんですね。

ここで、窓を全開にした伏線が活きるわけですよ。フフフ
自室だけではなくて隣室の扇風機も回して風の循環を最大効率だ!

冷感シーツ

これ、寝やすさがかなり変わりますよ。
今は慣れちゃったけど、初使用時に頬ずりした瞬間ね。
あの時のひんやり感は忘れられないよ・・・

今はそこまでひんやり感を感じないんだけど、
これが慣れからくるものなのか、
使用回数で機能が劣化していくものなのか・・・

これがわからない。
後者だった場合、毎年買い替えになってしまうね。

寝苦しい夜の隠れた対策、冷感シーツ。
オススメですよ!

冷房のある部屋で寝る

これが一番の解決策。
僕はこれからリビングで寝るよ。

付けてない人は急いで購入だ!
賃貸で付けれない人は引っ越しだ!
睡眠の質は翌日の生活の質に直結するぞ。

寝苦しくて朝起きたら汗だくって、絶対睡眠浅いよね・・・
もうね、根性で耐えるとか言える暑さじゃないんですよ。
異常気象なんですよ。
地球のバイオリズムなんですよ。

文明の利器を活用して凌ぐしかないんですよ!

まとめ

しょーもないオチですまん。
あとは、涼しい地方に引っ越すぐらいかな。
旅行で東北(仙台)に行った時なんか、快適だったもんな~

僕の場合、自室にエアコン引くとしたら壁をぶち抜く工事からやらなくちゃいけないんだよね。
毎年この暑さはしんどいっすわ・・・
引っ越しをまじめに検討しなくちゃな・・・
※なお、涼しくなってくると「まいっか」となってしまうのであった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。