映画

【るろうに剣心】宇水がモブキャラと一緒に瞬殺!?CGを使わない迫力の映画【大友啓史】

十本刀集合写真

映画館で映画を見てきた時の話。

今回は映画『るろうに剣心』の二作目、三作目の感想レビュー。
一作目が良作で、それを見た友人に誘われて両方とも見てきた。
なので、一作目は見ていない。
原作は読了済み。

ストーリーは終えるから大丈夫大丈夫。

るろうに剣心 京都大火編

こんな大雨で川なんかに行けるかッ!!
というわけで、映画『るろうに剣心 京都大火編(大友啓史 監督)』を見てきた。

原作で言う、逆刃刀折られる~煉獄出航 まで。
CGを一切使わない?作品らしく、売りはアクションシーン。
カメラワークでスピード感出しての殺陣が迫力があった。
なんか、ベガのスライディングみたいなのを多発して、敵が吹っ飛んでく。

CGを使わないので、張は連刃刀しか使わないし、
宗次郎は脚力が凄いだけの人になっちゃった。

ストーリーの関係で、蒼紫がただのキチガイ。

十本刀で倒れたのは張のみ。
後編(伝説の最期編)で、十本刀戦は全員やらないだろうな・・・
やるとしたらどれだろう?

やりそう

vs宇水
vs宗次郎
 

やらなそう

vs安慈
 やっても、二重の極みは無し?
 回想で習得シーンを入れてからの戦闘?

比古清十郎にまとめて倒されそうな人たち

vs才槌
vs不二
vs鎌足
vs蝙也
vs夷腕坊
 尺の都合と、不二の大きさを表現しきれないため。
 数で清十郎の強さを演出しそう。

るろうに剣心 伝説の最期編

映画『るろうに剣心伝説の最期編(大友啓史 監督)』を見てきた。
もうあれだよね、惰性。

内容は、飛天御剣流奥義伝承から煉獄艦内での最終決戦。
原作とかなり違うから違う楽しみ方もできる。

各キャラクターの映画での立ち位置の紹介をどうぞ!

比古清十郎

稽古と禅問答で剣心へ奥義伝承を行う。
の割には、奥義を見せる場面なし。
いつの間にか伝承完了。
出番はこれだけ。

緋村剣心

そのブレイクダンスはやめなさい。

四乃森蒼紫

九頭龍閃を食らう役。
どうやって煉獄に乗り込んだのか不明。

弥彦&操

出番なし。会話だけ。

薫&翁

布団から突然居なくなる人たち。

斎藤一

牙突がカッコよくなってる!
斬首人から、どうやって制服に着替えたの?

宇水

モブと一緒に切り捨て御免。
その間、約10秒。

蝙也、夷腕坊、鎌足、不二、才槌

出番なし。
最後、捕縛されたっぽい?

左之助

京都から東京まで斬馬刀を持ってきたのに戦闘前に投げ捨て、
素手で殴りかかるお寒いギャグ要員。
剣心と一緒に煉獄へ乗り込む。
この時点で、VS安慈は確定した模様。

安慈

二重の極みを持たない破戒僧。
スリーパーホールドで左之助を追い詰めるも、くすぐり攻撃で脱出される。
そこから、金的→バックドロップのコンビネーションで敗北。
酷い戦闘だ・・・ギャグ要員へ降格。

宗次郎

執拗に足を狙われ敗北。
天翔龍閃すら使ってもらえない。
剣心の修行前後における戦力比較要員。

方治

志々雄への心酔が良い具合に狂っていて好き。
最後は、左之助に殴られ気絶。

由美

一番原作どおり。
志々雄庇ってグサー

志々雄真実

抜刀時、鞘を捨てる。
刀を振るだけで火が出る。
紅蓮腕は爆弾。

剣心、斎藤、蒼紫、左之助に囲まれフルボッコ状態。
剣心→「よぉ、先輩」
斎藤→「久しぶり、斎藤さん」
蒼紫→「誰だテメェ!?」
左之助→「誰だテメェ!?」

エンディング

伊藤博文「緋村抜刀斎は死んだッ!!」
剣心(は?)
薫(は?)
弥彦(は?)
斎藤(は?)
操(は?)
レンゾー(は?)

感想

『京都大火編』もうーんだったのに、
『伝説の最期編』は更に、うーん。
一番面白かったのは、一作目らしい(←見てない
1>2>3の順らしいよ。

原作知らないと、話追いきれなそう。
原作知っていると、突っ込み所が多いというジレンマ。

ここまできたら一作目も見なくちゃな・・・!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。