日帰り

九十九里浜でサーフィン初体験!波は見るんじゃない。感じるんだ!

九十九里浜サーフィン

予約

『そとあそび』ロゴ
長瀞カヌーで利用した『そとあそび』で予約しました。
一回利用して、満足すると何回も利用してしまうね。

参加したプラン

今回参加したプランは、九十九里 サーフィン

家からは遠いから祖父母家に一泊してから余裕を持って出発。
そのついでに前日のお見舞いって訳だったんだね。
う、嘘だよ、メインはジジババのお見舞いだよ(汗

予約したお店

k'sサーフライド

K’S SURFRIDE(ケーズ サーフライド)
↑公式サイトにはサーフィン体験のことは一切触れていない。
どうなってんの?

話を聞いてみたら、
今回のサーフィン体験の他に、
一日ボードレンタルもやっている模様。

ボード、ウェットスーツ合わせて一日5000円。
相場分からないけど良いんじゃないっすか?
※ロングボードは、軽自動車の車内に収まる大きさでした。

電話番号は0475-70-4811
※フルフルライフを見ました!って伝えると・・・ハァ?ってなります(何も起こらないよ!)

あ、このページ

たくさんの方にサーフィンを楽しんでいただけるようサーフィンスクールを随時開催しています。レンタルボードも多数用意しています。

って一文が書いてある。
商売っ気無いなぁ・・・

商売っ気の無い人たち

サーフィン好きが集まって作ったお店って印象。
店のボス?からして、見るからにサーファーなんだもんなぁ

10:30集合だけど、10:20分ごろにボスが登場。
10:30になってもダラダラして受付。
まぁ、タイムスケジュール通りの進行なんだけどさ・・・
カヌー体験の時は、集合時間までに受付、着替えすべて完了して、さぁ出発!って状態だったもんだからギャップが凄くて。
これが海時間ってやつか?

しっかりとした女性が一人いたので、この人が経営を切り盛りしてそう(偏見

場所

迷ったら近くのファミマに一時避難。
ファミマの隣です。

また、『九十九里有料道路』に乗る必要無し。
『東金九十九里有料道路』の最後で降りるべし。

一日の流れ

受付

10:30分集合とのことだったけど、通勤ラッシュなどを危惧して早めに出発。
10:00ちょっと前には到着してしまった。
そこには、まだオープンしていないお店が・・・

海を見に行ったり、コンビニで水分を補充したり時間を潰して、
10:40分くらいから受付が始まり、
会計を済ませて、
夏用のウェットスーツ(半そで短パンタイプ)を借り、着替え。
水着持参との指示でしたが、素っ裸にウェットスーツでも問題ないとのこと。
※スーツの前後に注意!
着なおすが大変なんだ。

移動

徒歩で海岸まで行ける場所に店を構えているので、徒歩で海まで・・・
と思いきや、車で5分ほどのサーフィンスポットへ。
海水浴客との衝突を避けるのもあるのかな?

移動は自分たちの車で先導車に付いていくかたち。
車の背もたれが濡れないように人数分の防水シートも貸してもらった。

メイン海水浴場から離れた場所だけど、こっちにも車が沢山。
サーフィンの人たちはみんなこっちの場所に流れてくるみたい。

練習

サーフボードの扱い方の練習。
砂浜に直線を引き、うつ伏せ状態から立つ練習。

1.状態熾し
2.しゃがみ立ち
3.起立

をテンポよく何度か練習。
中心線に立たないと左右のバランスが崩れてすぐ倒れてしまう。
真ん中よりちょい後ろに立つ感じかな。

いざ海へ

いざ、実践!
遠浅の海岸を少し奥まで移動して、波を背にして待機。
先生が「この波行くよ!」って宣言するので、必死にクロール。
波をとらえたら立つ!
を繰り返し。
次の波に乗るために先生の元へ戻ると、一言二言アドバイスが貰える。
それを参考にトライ&エラーの繰り返し。

そして・・・
波に乗れましたァン!!

波乗りのコツ

僕は、比較的立つのは簡単にできた。
問題は波を捕まえること。

波を見ながらクロールしていると、
波の速度にボードの速度が負けてしまうので、
この波に乗ろう!と決めたら、もう波を見ずに必死にクロール。
ボードが波を捉えるのを感じたらすかさず起立!
これで波にのれます。

目で見るな波を感じろ!

終了

休憩をはさみつつ、サーフィンを楽しんだ。

最初は、
んだよ、受付おっせーな。
早く海に行かせろよ!
って思っていたけど、2時間もサーフィンしているともうヘトヘト。

片づけを手伝って、車でショップまで戻る。
で、シャワーを借りて着替えて解散。

ウェットスーツ脱いだら、日焼けが凄い!
海水のお陰で暑さはそんなに感じなかったけど日差しは強かった模様。

夏にウェットスーツ着る理由

・浮力を得るため
ライフジャケットの役割も果たしている

・けが防止
波にのまれた時にボードにぶつかって怪我することがあるらしい。
また、ボードには腹ばいになるので擦れキズ防止にも役立っている模様。

まとめ

サーフィン、面白かった。
これ、ハマっちまうかも・・・?

従業員の方々の日焼けを街中で見かけると危険な香りがするけど、
海で見かければ気のいいあんちゃんたち。
丁寧で的確な説明でみるみる上達しました!
今回の体験で、初心者の門をノックできたんじゃないかな?

結構簡単に波に乗れるようになるし、
同じ場所で波を待ち続けるので自然相手とはいえ安心感がある。

サーフィン体験、オススメです!

今回のサーフィン体験はこちらです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。