自己啓発&ビジネス

【ビジネスパーソンの新・兼業農家論】農業ではなく農という考え方【井本喜久】

『ビジネスパーソンの新・兼業農家論』表紙

『ビジネスパーソンの新・兼業農家論井本喜久』の感想レビュー。

本の紹介

今「農家」こそ最高の職業だ!
新時代の農業は、楽しい、カッコいい、健康的、儲かる!
一昔前まで「農家」って「大変そう」とか「儲からなそう」とか田舎者の代表のように言われたけど、
時代を経て自然の中で心豊かに生きていく「田舎暮らし」の方がどうやらカッコいい感じになってきて、
「農家」という職業に今、かつてないほどスポットライトが当たっている。
本書では、ビジネスパーソンに向けて、「都市と農村を自由に行き来し、
これまでの仕事や興味ある活動に”農”を絶妙に組み込み、相乗効果で成果を上げるパラレルワーク」の方法を解説します。
新しい兼業農家の魅力に、心揺さぶられること間違いなし!

感想

儲からない農業を儲かる農業に!をコンセプトの兼業農家のススメ!

田舎と都会はサウナと水風呂と似ているという表現が面白かった。
どちらが欠けていても整うことは出来ない。

こんな時代だからこそ農と関わる生き方を人生に。
農業がやりたくなる。そんな一冊でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。