日記

回転すしスシローへ。他回転すしとの比較と評価

スシローロゴ

本日、回転すしチェーン店の『スシロー』に行ってまいりました。
スシローって店舗が出来た時一度行ったっきりで、行くのって数年ぶり。
どんな風に変わっているのか、勝手に評価してみようと思います。

ちなみによく行く回転すしは『はま寿司』だ。
なので比較対象は必然的に『はま寿司』となることだろう・・・

スシローの良かった点

受付自動化

機械受付で自動発券からの待機。
番号が呼ばれた後もチケットに記載されているQRコードを機会に読み込ませると座席番号を教えてくれる。
完全な自動化。いいね!

タブレットが取り外せる

注文用のタブレットが取り外せる。
テーブル席の皆で共有できるのが良いね。
備え付けだと手が届かない場合、お願いするのが申し訳なくてね。

貝類が豊富

はま寿司は貝類を大幅に削減した。ゆ、許せん!
スシローはまだまだ種類が豊富。やったね。

あと、〆鯖が美味しかった。

支払いも自動化

お会計も自動化。いいね。

スシローの微妙だった点

回転すし

未だにレーンで回っている。
タブレットで注文した後にフリー皿で流れてくると悲しい気持ちになる。
食べたいんだけど、注文してるし・・・で取らない。
みんな同じ気持ちなんだろうなぁ

みそ汁

わかめの味噌汁のみ。
あおさの味噌汁が飲みたいんじゃ~

注文到着の案内

タブレットに注文した皿が到着した旨のアナウンスが流れる。
その間、タブレットが扱えない!
レーンはゆっくり流れているので・・・
タブレットを扱えない時間が妙に長く感じてしまうのだ。

予約皿

予約皿用の容器の上にのって流れてくる。
僕らのテーブルは紺色のラベルが張ってある容器の上。

茶碗蒸し:熱いので予約容器ごとお取りください。
みそ汁:熱いので気を付けてお取りください。

あぶねー、みそ汁の時容器ごと取るところだったぜ。

細巻きが長い

鉄火巻きは四等分にされているのに、納豆巻きは切られておらず、一本丸ごとで流れてきた!
もっちゃもっちゃ食べたけど、切って欲しい。

皿を数える

ほぼほぼ自動化されているのに皿だけ人が数えるのなんでなん?
タブレットの注文履歴で判断すればいいじゃん。
不思議だな~と思っていたら、開店レーンを流れるフリー皿のせいだと気が付いた。
タブレットに記憶されないフリー皿のせいで皿を数える必要性が出てくる。
こうなってくると、フリー皿って無駄ってだけじゃなくて、害悪な存在なんだな。

スシローもフリー皿撤廃したほうがいいと思う。

まとめ

回転すしの代名詞ともいえる回転レーンを久しぶりに体験したけど、予約皿の流れは遅いし、フリー皿のせいで余計な作業が追加されてしまう。
回転レーンはもはや不要なのかもしれない・・・
と思わせてくれる体験だった。

予約待ちや会計の省人化はとても良かった。分かりやすかったし。
次は回転レーンが高速レーンに変わったら行ってみたいな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。