日記

ボディシャンプーとボディソープの違い

おっす。銭湯でトラップに引っかかったレンゾーです。

大衆浴場で髪を洗ったら、どうもゴワゴワする。
シャンプーに別段こだわりは無いのだけれど、石鹸に近いゴワゴワさだったのだ・・・
これは明らかにおかしい

「俺の繊細な髪には、安物のシャンプーは合わないんだ!!」
「この銭湯、どんなシャンプー使ってやがんだ!?」
「どれ、銘柄を見てやろう・・・」
 
『ボディーシャンプー』
 
ボディのシャンプーっておまえ・・・
・・・通るかそんなもん!!
それが許されるなら、ヘッドのソープでもいいってのかよ。あーん?
 
ちくしょーめ!
シャンプーとボディシャンプーを隣接させてるあたり、悪意を感じるよなぁ

ボディソープとボディシャンプーの違いは?

検索結果
ボディソープ  :54,000,000件
ボディシャンプー:42,800,000件

その差11,200,000件!(約一千万件)
ボディシャンプーの検索に四千万以上引っかかるとは・・・
かなり知名度があったんだね。全然知らんかった。

辞書(コトバンク)

ボディーソープ

身体を洗うための石けん。
洗い上がりの爽快感や保湿性、香りなどに特徴をもたせたものが多い。

ボディソープ

髪でなく、からだ全体の洗浄用に使うシャンプー。

明確な違いは記載されていなかった。

K社

K社に同じような質問をした人が居たので

「同じですね。厳密な定義というものは、ないと思います。当社の製品でも、”ボディ・シャンプー”と”ボディ・ソープ”の両方ありますね。」

と言っていたんですが、その後、もう一度調べて電話をくれました。それによると、

「業界で厳密な定義というものはないのですが、一応当社では材料の成分で分けているようで、せっけんベースのアルカリ性のものは”ボディ・ソープ”、成分が弱酸性のものを”ボディ・シャンプー”としているようです。そして、両方を合わせての総称として”全身洗浄剤”と日本語で呼んでおります。」

ナ・ル・ホ・ド~

結論

ボディソープ・・・アルカリ性
ボディシャンプー・・・弱酸性
※2001年のK社情報と限定的だけど。

俺はボディソープ派。
何故かって?ボディシャンプーだと、間違えて頭を洗っちゃうだろ!!(今回の発端)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。